「ケーキの出前」に「高級ブランドのサブスク」も――コロナ禍のなか「進化」する百貨店

コロナ禍のなか、あらゆる手で集客を図る大手百貨店

 前回記事では「仮想・新宿伊勢丹」を開店させ、将来的には「VR空間に新宿の街並みを丸ごと再現する」ことをめざす三越伊勢丹の挑戦を紹介した。
仮想・新宿伊勢丹

仮想空間上に出店した「仮想・新宿伊勢丹」。店内も高いクオリティで再現されており、双方向でバーチャル接客を受けることもできる

 もちろん、こうした個性的な新事業に取り組んでいるのは三越伊勢丹だけではない。コロナ禍により「立地」と「接客」という2つの集客のカギが揺るがされることとなった大手百貨店各社は、いずれも様々な手段で新たな顧客の獲得へと動いている。  今回は、そうした大手百貨店各社による「コロナ禍のなか生まれた新事業」を紹介したい。

大丸松坂屋は「サブスク」に参入――「百貨店商品」で差別化めざす

 北海道から九州まで広く展開する「大丸松坂屋百貨店」(東京都江東区)。同社が今年3月から始めたのは「高級ブランド服のサブスク事業」だ。
大丸心斎橋店

2019年にリニューアルしたばかりの「大丸心斎橋店」(しんさいばしみせ、大阪市中央区)。全国的に見てもコロナ禍の影響をとくに大きく受けた百貨店の1つだ。

 そのサービス名は「AnotherADdress(アナザー・ア・ドレス)」。内容は「月極め料金を払えば1ヶ月3着まで衣料品を中心としたブランドアイテム3品をレンタルできる」というもので、料金は送料・クリーニング費用込みで1万1,880円(税込)、休会・退会も自由だ。百貨店がこうした高級ブランド服のサブスク事業を開始するのは初のことだという。  開始時の取り扱いブランドは約50で、JILLSTUART、Polo Ralph Lauren、Weekend Max Maraなど百貨店で販売されている高級が中心。気に入ったアイテムは特別価格で購入することも可能になるという。  様々なコンテンツの「サブスク」が流行している昨今ではあるが、「AnotherADdress」が扱うブランドはその殆どが「サブスクサービス初登場」だという。  ありそうでなかった「百貨店ならでは」の高級ブランドサブスク。まだ開始されたばかりであるが、コロナ後に自由に出かけることができる世の中となれば人気を集めることになるかも知れない。
AnotherADdress

大丸松坂屋によるサブスク事業「AnotherADdress」のコンセプトバナー。

次のページ
阪急は「ケーキの出前」を拡大!? カギは「医療用バッグ」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right