選挙27連敗、記録更新のN国党。それでも続ける「ステルス立候補」や奇策に要注意

「パチンコ党」の次は「諸派党」にする

 立花孝志が、また「ピコーン!」と、ひらめいてしまった。  つい先日まで「パチンコ党」を作り、6月の尼崎市議選に候補者を擁立すると息巻いていたが、どうやら立候補してくれる人は見つかっていないらしく、今度は「堀江政経塾」の講師となり、「諸派党」を作るというプランを明かしていた。  「諸派党」とは、幸福実現党や国民主権党、つばさの党(旧・オリーブの木)といった「諸派」とされる政党の人たちに声をかけ、「諸派党」として一つになり、参議院で議席獲得を目指すというプランのようだ。立花孝志がこれまで「ホリエモン新党」やら「ゴルフ党」やら「パチンコ党」やらを作ってきたのは、すべて「諸派党」につながっていたという説明だが、どこからどう見ても「ピコーン!」と思いついてしまっただけにしか見えない。  現在、立花孝志率いるN教党は、選挙で「27連敗」している。いくら参議院で1議席を獲得した実績があると言っても、いまや立花孝志に対する評価は「27連敗」がすべてを物語っており、幸福実現党にしろ、国民主権党にしろ、「諸派党」として手を組むより、自分たちで立候補した方がよっぽど票を取れるし、知名度アップにつながる。そもそも「パチンコ党」から立候補してくれる人すら見つからないのに、「諸派党」と手を組んでくれる政治団体があるのだろうか。せいぜいN教信者が独自に立ち上げた超マイナーな政治団体がいくつかある程度ではないだろうか。

自分が払った金の回収を始める立花孝志

 立花孝志は今、森友学園に“寄付”をしたはずの8400万円を自分の手元に取り戻し、籠池泰典理事長の保釈金500万円も回収。およそ1億円弱のお金を取り戻すことに成功している。しかし、N教党や立花孝志は裁判を起こしまくり、さらには刑事裁判も抱えていることから、弁護士や司法書士にそれなりの支出をしており、コールセンターの人件費を含め、ランニングコストが膨大にかかっていることから、この1億円弱のお金も数ヶ月でなくなってしまう計算である。  新たな金脈を模索するため、福永活也弁護士と組んで「誹謗中傷」をネタに裁判を起こし、ある人には300万円を請求すると宣言しているが、裁判が決着するまでにはまだまだ時間がかかる上に、仮に満額の300万円を取れたとしても、そんなものは焼け石に水である。
上杉幹事長を標的にした請求

上杉幹事長を標的にした請求(立花孝志のYouTubeチャンネルより)

 そこで、立花孝志が熱心に取り組もうとしているのが、幹事長の上杉隆を訴えることである。日々、上杉隆のことを知る人に話しかけては、上杉隆のネガティブなエピソードを集めている立花孝志。  YouTubeでは、上杉隆とのやり取りをこっそり録音していたものを勝手に公開。「上杉隆に子供が4人いるのは事実だ」などと言い出し、それまで二人三脚で政党運営をしてきた幹事長を背中から撃っている。どうやら「上杉隆はこんなに悪い人だったので、それまで払った報酬は返還してもらう」という方向にシフトしているのだが、これもまた回収できるかどうかがわからない上に、回収できたとしても微々たる金額で、もはや、当たれば大儲けのパチンコ台に次から次へと紙幣を突っ込む「闇金ウシジマくん」に出てくるオジサンと同じだ。  立花孝志が裁判所の前で撮影した動画によると、上杉隆に起こした裁判の請求額は264万円。立花孝志はだいたい弁護士を立てずに裁判を仕掛けてくるため、立花孝志の負担額は印紙代の1万9000円ほど。しかし、訴えられた上杉隆が弁護士を立てずに戦うとは思えないため、もし弁護士に依頼しようと思ったら、ざっくり50万円ぐらいの着手金を余儀なくされ、さらに50万円ほどの成功報酬を支払うことになるため、だいたい100万円ぐらいの出費になってしまう。これが立花孝志の手口である。立花孝志と関わる人間は、たとえ仲間であっても立花孝志の機嫌を損ねたら訴えられる。こんなに面倒臭い話はない。立花孝志と付き合うこと自体がリスクにしかならないのである。
次のページ
「悪を倒すために戦う立花」という演出
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right