ひきこもり14年の男性が、月50万円稼ぐウーバー配達員になった理由

14年間ひきこもり働いていなかったIさんが、ウーバー配達で”社会復帰”

14年間ひきこもり働いていなかったIさんが、ウーバー配達で”社会復帰”

 緊急事態宣言等で需要が高まるウーバーイーツ。関西では、月に純益50万円以上を稼いだ配達員がいる。Iさん(41歳)。大学時代に不登校になり6年半かけて卒業、その後14年以上ひきこもり状態に。  そんな彼はウーバーを昨年9月に初めて5か月で、月50万円の収益を達成した。20年間働いていない彼は「ソシャゲにハマるように、ウーバーイーツにハマった」と言う。  両親と相性が悪いIさんは、何年も前から実家から離れた祖父母が残した家で、弟と2人で暮らしている。

ウーバーを始め、容姿を気にするようになった

 配達に使用しているのは小型の原付バイク。Iさんは「地元は配達範囲が広く、自転車では時間がかかりすぎる。そもそも、ずっとひきこもっていて体力もないし、とても自転車は無理」という。配達員登録をしたのは昨年5月。 「バイクだったら、ずっとひきこもっていた自分でもできるかなと、興味本意で。しばらくはビビっていた。仕事なんて十何年ぶり。注文も受けていないのに、からっぽのバッグを背負ってバイクで近所を走りまわる練習をしていた」と、準備期間が必要だった。  稼働しはじめたのは9月から。 「1回だけやってみよう。だめだったらやめればいい」  初めての配達は、少し失敗してしまった。チャイムを押さない「置き配」を指定されていたが、押してしまったのだ。部屋の中から「おい!」と怒鳴り声が聞こえたという。 「焦ったけど、もう1回だけ配達してみようと思った。すると特に失敗もなく、こなすことができた。安心感やうれしさがこみ上げてきて、何かがスタートしたと思えた。今まで明るい道なんてなかったのに」と振り返る。  その後は昼過ぎから3~4時間マイペースに配達すると、最初の月に8万円を稼げた。「こんなのでお金もらえるんだ」と思った。  Iさんは過去のいじめ等の経験から、対人恐怖症気味だ。始める前は「起きもしないようなトラブルを想像し、怖くて足がすくんでいた」という。しかし実際にはトラブルはほぼ起こらず、お客さんと顔を合わせた時には「どうもありがとう」と感謝された。 「むしろ、お客さんのほうが怖いのでは。いきなりオタクみたいなのが来るのだし」  心がけたことは「マスクをしていても、なるべく笑顔。渡したらサッと帰る。服装は清潔感の感じられるものに。髪型も、ヘルメットで潰れても爽やかに見えるような短髪を美容師さんに頼んでいる」。ひきこもり時代は容姿など気にもしなかったのだというが。

「この地域は俺が背負っているんだ!」と燃えてきた

1日約13時間をウーバーに使い、昼食などの時間を抜かしても11時間は稼働する

1日約13時間をウーバーに使い、昼食などの時間を抜かしても11時間は稼働する

 1日のスケジュールは、11時に開始して、長い時は深夜1時ころまで。月のうち25日は稼働している。 「お金を稼いでいるというより、ゲームのゴールドを集めている感じ。アプリの数字が増えていくから。パズドラやポケモンGOに飽きて、次はこれ。スマホの配達アプリに表示される金額を見ては、よくニヤニヤしている」と、ゲーム感覚で取り組んでいる。  雨が降っている深夜は、とくに注文が多い。 「ほかに注文を受ける配達員があまりいない。すると『この地域は俺が背負っているんだ』と燃えてくる。『待っている人、困っている人がいるんだ。このままなら、お腹を空かせたまま寝ることになってしまう人がいるんだ』。そんなことを思いながら、次から次へと注文を受けている」  誰かに必要とされていることが、やる気につながると言う。稼いだ金額はすべて記録している。ガソリン代などの経費を抜いた純益で、10月には22万円、11月には31万円、年末の12月には44万円。そして2度目の緊急事態宣言が出た1月には51万円を記録した。  始めて2か月目くらいで「月に20万円が限界だろうな」と計算していたIさん。しかし「あれよあれよと50万円を超えてしまった。1月の宣言の影響もあったと思うし、冬、特にお正月は注文が多かった」という。「50万円はポケモンGOでいうと、超レアのポケモンが手に入った感じ。けれど、これで若干目標を見失なったね」と笑う。
次のページ
生活リズムもお金の使い方にも変化が
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right