千葉県知事選にクラスターフェス主催の国民主権党・平塚正幸が立候補。反ワクチンも主張

国民主権党の平塚正幸の選挙ポスター(撮影/ちだい)

国民主権党の平塚正幸の選挙ポスター(撮影/ちだい)

「国民主権党」平塚正幸、千葉県知事選に立候補

 3月4日告示、3月21日投開票の千葉県知事選に、例の「コロナはただの風邪」だと主張する、国民主権党の平塚正幸が立候補してきた。  言うまでもないが、新型コロナウイルスは100%「ただの風邪」なんかではない。中国の武漢で見つかって以来、瞬く間に世界中に広がり、世界中で1億人以上が感染し、既に257万人が亡くなっている。世界中の交通事故の死者が約135万人と言われているので、ざっくり2倍近くの人が新型コロナウイルスを原因にして亡くなっていることになる。  しかし、国民主権党の平塚正幸は、それでも「コロナはただの風邪」だと言い張ってきかない。本当は「新型コロナウイルス」なんていうものは存在せず、メディアが作り出した架空のウイルスに過ぎないという主張だ。  そこで、今回は平塚正幸の街頭演説での発言などをもとに、実際のところはどうなのかを、わかりやすく解説していきたいと思う。

「反ワクチン」も主張し始めた平塚

 前回の東京都知事選では「コロナはただの風邪」というキャッチコピーだった平塚正幸だが、今回は「ワクチン打つな!強毒危険」というキャッチコピーに変わっている。そして、「マスクを外そう!」や「ワクチン接種は強制ではありません」などの文字が躍る。  しかし、一番気になるのは、平塚正幸の顔の右側に書かれた、こちらの文面である。 反ワクチン論「ワクチンにより、海外で重篤な副反応が起きた人、死亡した人は、コロナの死者数以上です」  まず、新型コロナウイルスが原因で亡くなった人は、これまでに257万人以上。もし、平塚正幸の言っていることが正しいとすると、新型コロナウイルスのワクチンが原因で亡くなっている人は、その257万人を超えるということになる。  現在までにわかっているデータとしては、比較的信頼性の高いCDC(アメリカ疾病対策センター)のデータで、アメリカでワクチン接種が始まった2020年12月14日から2021年2月7日までの間で、接種後に死亡が確認された人は1170人。これはワクチンを接種した人全体の0.003%にあたる。もちろん、まだワクチンとの因果関係はわかっておらず、ワクチンとは無関係で亡くなったかもしれない方も含まれた数字になっているが、ワクチンが原因で亡くなっている方が1人もいないと考えるのも難しそうである。  実は、日本でもワクチンを接種した後に亡くなった例がある。日本では医療従事者から優先的にワクチン接種が始まっているが、厚生労働省は3月2日、60代の医療従事者の女性がワクチンを接種した3日後に死亡したと発表している。死因は「くも膜下出血」と推定されているが、ワクチンとの因果関係は「評価不能」となっており、今後のさらなる情報収集によって、何らかの結論が出るかもしれない。  ノルウェーでは、接種後3週間以内に高齢者が亡くなった111件のケースを精査したが、多くは高齢者施設に入居し、既に衰弱していたり、持病があったとされ、衰弱している患者にワクチンを打てば、軽い副反応でも持病を悪化させる可能性があり、専門家チームを立ち上げ、さらなる検証を進めるとしている。  ワクチン接種の進んでいる国では、イギリスで402人、ドイツで113人、韓国でも7人が死亡しているが、いずれもワクチン接種との因果関係は明らかになっていない。日本の厚生労働省は、ワクチンの副反応で死亡した場合には一時金として4420万円を支払うことにしているが、因果関係を証明するのはかなり難しそうなので、もし接種後に亡くなるようなことがあったとしても、ほとんどの人はお金を受け取れないかもしれない。  こうしたデータから見ても、ワクチン接種後に亡くなっている方がいないわけではないし、因果関係が不明なので、もしかしたらワクチンが原因で亡くなっているのかもしれないのだが、人数だけで言えば、「新型コロナウイルスが原因で亡くなった人よりワクチン接種で亡くなった人の方が多い」は間違いだと言えそうだ。
次のページ
さまざまなコロナ陰謀論の愚
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right