戸田市議となったスーパークレイジー君を巡る辞職圧力騒動と彼を利用せんと集まる有象無象

戸田市議になったスーパークレイジー君を巡る騒動

スーパークレイジー君市議

スーパークレイジー君市議(撮影/ちだい)

 1月31日の戸田市議選で、派手な衣装やパフォーマンスが人気となり、見事、下馬評を覆して当選を果たしたスーパークレイジー君。ヤンチャだった過去の十字架を背負いながらも、政治に真剣に取り組みたいという熱意を見せたことで、市民から期待された形だ。  戸田市議の任期は4年で、今はまだ議員としての第一歩を踏み出したばかりなので、評価をすることは難しいが、少なくともスーパークレイジー君には「やる気」があり、初心を忘れずに4年間をまっとうしてくれれば、4年後にはトップ当選を果たすぐらいの人気議員になっているかもしれない。  しかし、既に「東スポ」などが報じている通り、スーパークレイジー君には今、思わぬ疑惑が浮上している。それは「居住実態」に関する話だ。市長には問われないが、市議会議員になるためには、少なくとも3ヶ月以上、その自治体に住んでいる必要がある。スーパークレイジー君は、念のために4ヶ月前から戸田市に引っ越し、単身赴任生活をしていたと言うが、「本当は住んでいないのではないか」という疑惑の目を向けられている。  この疑惑が必要以上に騒がれ始めたことには、大きく2つの原因がある。  1つは、創立100周年に向け、公明党が地方選挙で完全勝利を目指すことを宣言した直後、スーパークレイジー君が当選し、公明党の候補が次点で落選していること。もし、スーパークレイジー君が3ヶ月以内に辞職をすれば、自動的に公明党の議員が繰り上がることになる。今回、スーパークレイジー君の周りで公明党の関係者が動いているといい、スーパークレイジー君を辞職させようという圧力があったことは市も認めている。  もう1つは、スーパークレイジー君が底辺YouTuberどものコンテンツになっていることだ。これは「NHKから国民を守る党」が生み出した一つの文化なのだが、わざと有名人と揉め事を起こすことで、動画の再生回数を伸ばす手法だ。揉め事をネタにする底辺YouTuberが、ホリエモン新党や堀江政経塾の周辺にはそれなりにいて、今もスーパークレイジー君を利用してPV数を稼ごうと必死だ。だから、もしスーパークレイジー君の当選が無効になるようなことがあれば、他人の「やらかし」でメシを食う底辺YouTuberにとって胸熱な展開なのである。彼らは常に「他人の不幸」を求め、ヘドロの下から手を伸ばしているのだ。

スーパークレイジー君の不安要素

 もし、スーパークレイジー君に居住実態があるのなら「そんなに大騒ぎしなくても良いじゃないか」と思うかもしれない。本当にきちんと住んでいるのなら、ドーンと大きく構えて、取り調べでも何でも応じて、身の潔白を晴らせばいいじゃないかと。しかし、スーパークレイジー君は、さっそく記者会見を開いたり、市の職員が圧力をかけてきた話を暴露するなど、かなり大きく動いている。  実は、これにも理由がある。スーパークレイジー君は、過去に少年院に入っていたことがあり、こうした過去が影響して、大人になってからは犯罪に手を染めずに生きてきたにもかかわらず、34歳になった今でも、さまざまな契約をさせてもらえない。賃貸マンション、自動車のローン、今ではすっかり生活に不可欠なインフラの一つとなっている携帯電話に至るまで、ありとあらゆる契約が自分ではできないのだ。これでは過去の自分と決別し、まっとうに生きていこうと頑張っている人間が、永久に社会に復帰できなくなってしまう。まさに日本の特殊な社会構造だ。もしかすると、スーパークレイジー君はこうした社会の構造を変えてくれるキーパーソンになるかもしれないが、今はこうした社会の構造に、自分のキャリアが阻まれようとしている。  今回、戸田市議選に挑戦するにあたり、スーパークレイジー君本人が住居の賃貸契約を結ぶことはできなかった。しかし、幸いなことに、スーパークレイジー君には彼のことをよく理解してくれる友人がいて、友人の家に転がり込む形で住民票を移した。  これはヤンキーの性質と言ってもいいかもしれないが、ヤンキーは足元を掬われないように人一倍気を付ける。だから、スーパークレイジー君は何度も選挙管理委員会に相談をして、問題ないかを確認してきた。実際には3ヶ月前から住んでいれば良いのだが、スーパークレイジー君は「歌手」として活動しているため、関西圏でライブをすることもあった。だから、外出した日をマイナスとしてカウントされてしまったら困るからと、逆算して、念のために4ヶ月前には引っ越しをしていたほどの念の入れようだ。  こうした環境にあるため、「居住実態を突かれることは想定していた」というスーパークレイジー君。次点が公明党とあれば、目の色を変えて居住実態を突いてくるかもしれないと予想していたものの、事態は予想外の展開を迎えてしまう。スーパークレイジー君の居住実態について、落選議員に「裁判になれば面白い」と異議申し立てを勧めて回っていたのは、公明党ではない自民系会派の現職議員だったのだ。
次のページ
「裁判になれば面白い」と言い回っていた現職議員
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right