新型コロナウイルスの変異種「B.1.1.7」、これまでわかってきたこと

変異種の感染が拡大

画像はイメージ(adobe stock)

画像はイメージ(adobe stock)

 英国で、新型コロナウイルスの変異種「B.1.1.7」が広がっています。日本でも、英国からの帰国者に変異種が確認され、世界中からの外国人の新規入国が一時停止となりました。  米国では、疾病予防管理センター(CDC)が、「英国からの旅行者は、米国行きの飛行機に搭乗する3日以内に、検査でウイルスの陰性を確認しなければならない」という条件を発表しました。この条件は昨年12月28日から発効されましたが、CNNは「CDC(自身)の研究者によると、渡航の3日前に検査しても、ウイルスが広がるリスクはわずか5~9%減るだけ。あまり成果がないだろう」と批判していました。  ペンシルベニア大学感染症専門医ポール・オフィット博士は、「新しい要求は、蚊を防ぐために金網のフェンスを設置するようなもの」、ベイラー医科大学感染症専門医ピーター・ホテズ博士は、「新しい変異種は、3か月前に英国で登場し、おそらくすでに米国にいる」とコメントします。  CDCは、12月22日の時点で、この変異種は米国内で特定されていないが、すでに米国にいるだろうと述べています。案の定、その後の調査で、2021年1月11日現在、米国内10州で72人に変異種が確認されています。

「ゲノム監視」、世界をリードする英国

 2020年12月22日のニューヨークタイムズ(NYT)の社説は、こう指摘しました。 「新たに発見された変異は、英国でのみ検出されました。これは、英国の科学者が、世界で最も多くのシーケンス(塩基配列決定技術)を行っているためです。世界7000万を超える新型コロナウイルスの症例のうち、遺伝子配列がわかっているのはごくわずか。つまり、この変異種は、他の国で見逃されている可能性があります」 「米シアトルのフレッドハッチンソンがん研究センターで、シーケンスの取り組みを主導しているトレバー・ベッドフォード教授によると、2020年12月1日以降、英国では3,700を超える新型コロナウイルスの症例のシーケンスをしましたが、米国では40症例未満」 「米政府は、ゲノムサーベイランス(ゲノム監視)を強化する必要がある」  CDCによると、現在公開データベースにある約275,000の全ゲノム配列のうち、英国は最も多く、125,000件の遺伝子配列を解析しました。世界中で決定された遺伝子配列の、およそ半分を占めます。一方、米国は約51,000件のみです。多くの国では、シーケンスをほとんど、あるいは全くしていません
次のページ
なぜ、ゲノム監視が重要なのか
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right