肩こり・腰痛に悩む人必見! 「正しい椅子の座り方」とは?

ワークチェアの正しい使い方とは

workaholic テレワークが本格的に導入されたことをきっかけに、自宅にきちんとしたワークスペースを作ったという人も多いだろう。しかし、それなりに値が張るワークチェアやデスクを揃えても、肩こりや腰痛から解放されない……それどころかテレワーク前よりもひどくなった……なんて人もいるのではないだろうか。  なぜ、快適に作業できないのか。浅草橋にあるワークチェア専門店『WORKAHOLIC(ワーカホリック)』のチェアコンシェルジュ・伊藤僚範さんによれば、正しい座り方を知らずにワークチェアを使っている人も少なくないという。 「当店を訪れる方の中には、すでにワークチェアをお使いでも快適に作業ができていないということで、『今のチェアが自分に合わないのかも』とおっしゃる方もいます。確かに、自分に合ったチェアを選ぶことも大事なのですが、それと同じくらいワークチェアの正しい使い方を知ることも重要です」

ちゃんとセッティングすることが重要

 ワークチェアを選ぶ時、ネットで口コミを見て購入したという人も多いだろう。そのまま通販で購入してしまうと、ワークチェアの使い方は自分で調べるしかないわけだが……正しい座り方をきちんと確認している人は多くないのではないか。 「ワークチェアの最大の利点は、使う人に合わせたセッティングができるところです。つまり、このセッティングをしっかりしないままにワークチェアを使っても、普通の椅子を使って作業するのと変わらない環境になってしまうこともあります」  セッティングをしないワークチェアは、ただの椅子。これではせっかくの高い買い物も、意味がなくなってしまう。すでにワークチェアを持っている人は、これから紹介する方法で正しい座り方を確認してほしい。  ワークチェアを持っていない、購入する予定がないという人も普段の姿勢を確認し、必要に応じてフットレストや卓上傾斜台(ANGLE10)などで仕事環境を改善してみてはどうだろうか。
次のページ
ついやってしまう「ダメな姿勢」
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right