コロナで学園祭がない中、開かれた「ニセ」学園祭。なぜ彼らは「反自粛」を掲げるのか。

ニセNF

熊野寮は学生の自治によって運営される京大の寮。ニセNFは熊野寮の協力も得て開催された。

 コロナ禍で、学園祭の中止やオンライン開催、無期限延期などが相次いでいる。「自由の学風」で知られる京都大学も例外ではなく、学園祭事務局の奮闘もむなしく7月25日に学園祭の自粛(予定日程での開催取りやめ)を発表。SNS上では、多くの学生の落胆の声が見られた。しかし、そこは反骨精神ある京大生。京大生有志により前代未聞の「ニセ学園祭」が開催され、有名バンドや京大外の団体も巻き込み一大イベントとなった。

前代未聞の学園祭、「ニセNF」の盛り上がり

 毎年11月に行われる京都大学の学園祭は「November Festival」の略称からNFと呼ばれる。そのNFの「ニセ」ということでイベント名は「ニセNF」。開催日は本来のNFが開催される予定だった11月19日―22日だ。京大外の団体でも企画を出せると聞き、東京の大学でサークルを主催する筆者も大学の友人らと会場の京大熊野寮フットサルコートに向かった。  出展数は30近くに及び、大勢の来場者で賑わう。Twitterで1万人のフォロワーを持ち、テレビなどでも取り上げられている「クジャク同好会」、数年で2000冊以上の会誌を売り上げている「サークルクラッシュ同好会」など京大らしいユニークな名物サークルが出展している。  また、大阪大、京都芸術大、同志社大、上智大など他大学サークルの出展もちらほら。さらに、近所の古物商が露店を出したり、陶器市が始まったり…とまるで地域のお祭りのような雰囲気まで。まさにカオスな空間だが、どの出展者もお互いの団体に興味を持ち交流が盛り上がっていた。大学の友達とだけ話して終わってしまいがちな実際の学園祭より、人とのつながりを作れる場所になっていると感じる。

感染症対策やハラスメント対策も

ニセNF

筆者も東京で主催するサークル「大学のお水飲み比べサークル」で企画を出展。関西の学生と多くの交流が生まれた。

 感染症対策に不安をも持つ読者も多いだろうが、入り口で配布されるパンフレットには「アルコール除菌スプレー/ジェルの設置」「参加者全員へのマスク着用の推奨」などの感染防止策が明記されている。実際、受付に設置された除菌スプレーは入場者から利用されており、同時期に行われていた各地のイベントと同程度の感染症対策は行われていると感じた。  また、パンフレットには、ゴミの分別、ハラスメント対策ポリシーなどの注意事項が詳細に明記されており、学生がゼロから作り上げたイベントとは思えないほどしっかりしたトラブル対策が行われていることが見て取れる。  出店で提供される甘酒、たこ焼き、釜飯などに舌鼓を打っていると、中央ステージでバンドの演奏が始まった。人気バンド「マキシマムザホルモン」のコピーバンドや、前衛的なノイズバンド、京大一年生の有志バンドによる演奏などが続く。サークル活動自粛でライブの機会を失っていた一年生にとって、この演奏は貴重な機会だっただろう。フジロックなどにも出演している人気のインディーバンド「本日休演」も登場し、場を沸かせた。入場無料で急ごしらえのイベントに関わらず、プロの人気バンドを呼べるのは運営スタッフの尽力あってのことだろう。
ニセNF

お酒を飲みながら、水タバコを吸いながらなどそれぞれ思い思いにライブを楽しむ様は、さながらロックフェスのようだった。

 4日間続いた「ニセNF」は、延べ1000人近くの来場があったという。東京や大阪からも参加があり、コロナ禍で社会から消えている豊かな人と人との交流が広がったといえる。まさに京大的な自由さを体現したイベントだった。
次のページ
ニセNFのテーマは「反自粛」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right