電車事故で手足3本を失ったサラリーマンが語る「どん底からの復活」

2012年に電車に轢かれ右腕と両足を切断する大事故に遭い、その後みごと復活を果たした山田千紘さん。着用している義足はアイスランドのOSSUR社から提供されたもの

ベッドから這い出ようとして落ちた時に、手足を失った現実を知る

 山田千紘さん(29歳)は2012年7月24日、電車との接触事故により、右腕を肘上、右脚は膝下、左脚を膝上から切断する重傷を負った。  当時20歳だった山田さんはケーブルテレビ会社の営業職として採用されたばかり。仕事が楽しく、職場の付き合いも欠かさず充実した毎日を送っていた。  事故当日は体調がいつになく悪かったが、夜には会社の飲み会があった。普段は酒好きの山田さんも、この日はなぜかまずく感じられ、飲むことができなかった。だが、「先輩よりも先に帰るタイプではなかった」山田さんは終電間際まで飲み会に付き合った。それが、事故に遭うまでの最後の記憶だ。  後日、警察に聞くと、山田さんは帰りの電車で眠り込んでしまい、自宅のある駅を乗り越し終着駅までついたという。駅員に起こされた山田さんはそのまま終着駅のホームで寝てしまったが、その後なぜか立ち上がり線路に転落。そこに最終電車が進入してきたのだったーー。  ここまでが、山田さんが動画でも語っている事故の経緯である。  それから8年後の2020年、事故と同月同日にユーチューブチャンネル「山田千紘 ちーチャンネル」を開設した山田さん。  ある日突然、手足を3本も失うという想像を絶する体験をしたにもかかわらず、それを明るく笑い飛ばす姿が大きな反響を呼び、2か月あまりで登録者数7万人に迫る勢いとなっている。  そんな彼にどん底から立ち直るまでの経緯と心の動きを伺いながら、その「考え方」の秘密に迫った。

「助かった命を無駄にするな」兄の言葉に救われる

――事故に遭った瞬間の記憶がないとおっしゃっていますが、事故に気づいた当初の心境についてお伺いできますか?  目が覚めると、最初は夢の中だと思いました。利き腕の右手で目ヤニをとろうとすると、右腕の感覚は残っているのに、ないように見えたので「冗談だろ?」と思いました。脚も同様で、しかも、切れた両脚の長さが違っていた。  自分の部屋のベッドではなく、病院のベッドなのはすぐわかったので、「夢にしてはリアルすぎるだろ」……と怖くなったのを覚えてます。  とりあえず夢うつつの状態のまま顔を洗いに行こうと立ち上がろうとしたら、そのままベッドから落ち、激痛とともに現実を突きつけられたのです。  「僕の手足はもうなくなった、人生も終わったんだ」というのが1番最初に思ったことです。 ――「絶望のどん底」に落ちた時期は、どのようなことを考えていましたか。そこから立ち直るまでの思考の変遷過程をお伺いしたいです。  ICU(集中治療室)から一般病棟に移り、1週間ほどがどん底だった時期でした。その時は本当に毎日毎日「死にたい」「誰でもいいから殺してくれ」と、助かったことに対する後悔ばかりで、ネガティブなことばかり考えていました。  変わるきっかけは、振り返ると色々ありましたが、家族や友人など周囲が今までと変わらない接し方をしてくれたことでした。  僕が変わってしまうことで、そういう人達まで変わってしまうのが1番怖かったのです。  じゃあどうすれば良いかと考えたとき、「今までのように明るい自分に戻らなきゃな! よく考えたらまだ左手があるし、口があるから伝えたり話すこともできる。  目があるから見ることもできるし、耳があるから誰かの声を聴くこともできる。まだまだできることたくさんありそうじゃん!」と、ポジティブに思うようになっていきました。 ――周りの人にずいぶんと助けられたのですね。     その通りです。周囲の支えがあって、ここまでこれたのだと思います。もし一人だったら僕は今この世にいなかったかもしれないし、感謝の念でいっぱいです。  ICUにいたときの記憶はほとんどないのですが、泣き崩れる両親の横で、兄が僕に「手足はなくなったけど、助かった命は無駄にするんじゃないぞ」と言ったそうです。そのことを後に聞いて、ずっと胸に残っています。
次のページ
「自分は手足が3本ないだけ。他は何も変わらない」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right