コロナで始まった欧州での職人生活。リノベーションや文化財の修繕で感じたこと

 世界的なコロナウイルス感染拡大の影響で、旅行先のヨーロッパから帰国できなくなってしまった筆者。現在は遠隔で仕事をしながら、移住も視野に入れつつ、ポーランドで居候生活を続けている。

古くても不動産価値は上昇

トルンの旧市街の様子 居候生活を始めた顛末や、その後の生活については、以前も当サイトで紹介しているので、詳細は割愛させていただこう。早い話が、コロナの影響で期せずしてヨーロッパで暮らしているのだが、リモートだけでは収入に限りがあるため、並行して日雇いの肉体労働を始めることになったのだ。  その肉体労働というのは住宅のリノベーション文化財の修復。地震や台風のないヨーロッパでは、旧市街や普通の街並みを歩いていても、築100年などの建物は珍しくない。  年数が経過するにつれて価値が下がっていく日本とは対照的に、繰り返しリノベーション(リフォーム)を行っていくことで、快適な住宅環境を維持し、不動産価値を上げていくのが一般的だ。  筆者が滞在しているポーランドでは、住宅は大きく「ドム」(戸建)、「ブロック」(団地のような集合住宅)、「カミェニツァ」(石造りのマンション)の3つにわけられる。それぞれ長短があるのだが、今回はリノベーションを手伝うことになったカミェニツァについて説明したい。

築数百年の石と煉瓦造りの建物

 カミェニツァは多くのものが戦前に建てられており、なかには中世まで歴史が遡るものもある。日本とは逆に、建物は古いほうが街の中心地に近いことが多く、天井が高くて広々としていることが多い。  また、石と煉瓦で作られているため防音性は抜群。熱を通しにくいので、夏は涼しく、冬は暖かさを保ってくれるのだ。  デメリットとしては、水回りのトラブルや、エレベーターのないものが多いこと。古いだけに修繕費など、維持にお金がかかることなどが挙げられる。かつては栄えていたが、今は利便性こそ高いものの、老朽化が進んでスラムのような状態になっているところもある。これらは後述する文化財の修復と同じく、自治体によって修復や修繕の程度によるので、ケース・バイ・ケースだ。
次のページ
無限に作業が増える「リフォーム」の影
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right