なぜ日本だけが囚われる「PCR検査抑制デマ」が生まれたのか? その根源に迫る

海外ではほぼ全ての国でPCR検査を徹底的に増やす、合衆国では連邦政府を無視してでも増やす

 前回解説したように、事実として「PCR検査をすれば患者が増える」、「PCR検査をすれば医療崩壊する」ということは国内外で一切ありません。これら日本国内のみで流布されている流言飛語には、事実の裏付けが全くないのです。  正反対に合衆国では、パンデミックの拡大に伴い、遂に検査態勢拡充が追いつかなくなり、「検査ができないことは重大問題である」と無策の連邦政府への批判が強まっています。2020/07/16朝のCNN報道番組NEW DAYでは、余りに無為無策どころか邪魔しかしないホワイトハウスに怒り心頭のラリー・ホーガン、メリーランド州知事(共和党)の怒りとこれまでの闘いが綴ってあるワシントンポスト紙の記事*を紹介し、特集を組みました**。  番組中では、発言者の一人から州知事達は、全米知事協会(NGA)の会議を開催し、連邦政府を抜きにしてファウチ博士など専門家を招聘し、全ての州が力を合わせて「連邦政府抜きで」このパンデミックを戦い抜けばどうかという提案まで出てくる始末でした***。ワシントンポスト紙*には、連邦政府の無為無策と妨害に抗してパンデミックを闘っているラリー・ホーガン、メリーランド州知事(共和党)の怒りとこれまでの闘いが綴ってあります**。ホーガン州知事は、韓国系であるユミ・ホーガン夫人の尽力で韓国から直接空輸した大量のPCR検査キットを主としたパンデミックと闘う為の医療資財を連邦政府による略奪から守るために、州兵と州警察によって秘密の場所で護衛するまでに至っています****。これほどまでにPCR検査は、新型コロナパンデミックとの闘いには必須で、その為には連邦政府との争いも辞さないという程の決意を持って行われています。 〈*Larry Hogan: Trump left Maryland vulnerable to the pandemic 2020/07/16 The Washington Post〉 〈**Maryland governor responds to White House criticism: I’ve ‘been very upfront and straightforward’ 2020/07/17 CNN 〈***合衆国は、外交を除けば基本的に50州という小国家の集合体である。合衆国憲法修正第二条により人民武装権は保障されており、州は連邦政府と武力を持って対立ができる。また州兵は連邦軍と独立しており、基本的に州政府の指揮下にある。一方で、市中への銃の氾濫を招いているという問題もある。cf:合衆国憲法修正第2条 (人民の武装権)規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない〉 〈****「トランプに没収?」軍が守る韓国製コロナ診断キット…“韓国の婿”ホーガン州知事の韓国系夫人とは?2020/05/04 wowKora/連邦政府による医療資源の収奪には、マサチューセッツ州などが被害に遭っている〉
メリーランド州の実効再生産数、日毎検査陽性者数、検査数、誤差等修正後の日毎検査陽性者数とその感染日・人数の推移

メリーランド州の実効再生産数、日毎検査陽性者数、検査数、誤差等修正後の日毎検査陽性者数とその感染日・人数の推移
メリーランド州は、人口580万人のワシントンD.C.に隣接した東海岸の州である。第一波パンデミックが収束に向かった5月下旬以降は、8千人〜1万人/日のPCR検査(ごく一部、抗体検査の試行が含まれる)によって未発見感染者の把握と隔離を行ってきたが、やはり経済再開が時期尚早で、第二波パンデミックの兆候が現れているため現在は極めて重要な転換点である。なおメリーランド州は、合衆国内ではこれまでパンデミック対応に成功してきた州の一つである。
RtCOVID-19より

 事実の裏付けが全くなく、論理そのものが成り立たない「PCR検査をすれば患者が増える」、「PCR検査をすれば医療崩壊する」という本邦オリジナルのドグマは、まさにエセ医療デマゴギーど真ん中と言えます。  筆者は、昨年12月末からBBC World News, CNN US, アルジャジーラを基本に起きているときはほぼ一日中外報を視聴してきましたが、「PCR検査をすれば患者が増える」、「PCR検査をすれば医療崩壊する」という報道は全くありません*。 〈*但し、6/30日公開記事で紹介したように、新型コロナパンデミックへの対応の失敗によってこのままでは、大統領選挙の歴史的大敗確実という窮地に追い込まれている合衆国のトランプ大統領は、日本の事例を引き合いに、検査縮小を主張している。これはトランプ政権支持を明確にしているFOX Newsにまで酷評され、殆どのメディアから「馬鹿げた主張」とコケにされている。”No, President Trump, Testing Is Not Causing Case Counts to Rise. The Virus Is Just Spreading Faster.”は、一部改変の上で全米のメディアで使われている。”No, President Trump, Testing Isn’t Causing California’s Case Counts to Rise” など〉  世界中の統計を見ても検査抑制で成功した国は全くなく、僅かな例外として新型コロナパンデミックに迅速に対応し、制圧に成功した「結果として」検査数が少なく済んでいる台湾を除き、日本と同程度の検査密度の国はコロナ大失敗国の見本市です。  本邦は、2009年新型インフルエンザパンデミックでは、世界でも最高水準の対応ができました。実力はあったのです。それからわずか10年で「PCR検査をすれば患者が増える」、「PCR検査をすれば医療崩壊する」という子供だましの嘘の大合唱です。情けない。本当に情けない。無惨です。  筆者には、これらの破綻した屁理屈が本邦のみで流布される理由が全く分からず、本邦の医療関係者がこのようなエセ医療デマゴギーに引っかかっている理由を5月以来調べてきました。批判をするにもその批判対象が分からなければいけません。そしてやっと分かりました。

本邦独自、エセ医療デマの中心は、ベイズ推定のトホホ誤用

 さて、この「PCR検査をすれば患者が増える」、「PCR検査をすれば医療崩壊する」といったジャパンオリジナルの嘘ですが、その論拠とされるものがベイズ推定です。一般の医療検査における不確かさが起こす誤診を警鐘するものとして、医師国家試験でも頻出問題とされるものです。しかしこれから二回にかけて説明する理由でPCR検査にこのベイズ推定は「使ってはいけない」のです。だから日本を除く世界では使われているのを見たことがありません。今後抗体検査がパンデミック収束後の感染実態把握のために用いられますが、そのときに初めて補助的に使われるものです。  この半年間、ベイズ推定を使うことの誤りが散々指摘され、現実もベイズ推定による「推定」を完全に否定していますので、いまベイズ推定を新型コロナウィルスPCR検査抑制の論拠とするのは完全に嘘です。ここで東京大学・保健センターが公開しているベイズ推定による説明を引用してその誤りを2回に分けてご紹介しましょう。
ベイズ推定を用いた根本的に誤った説明の典型事例

ベイズ推定を用いた根本的に誤った説明の典型事例
東京大学・保健センター魚拓ュ

 この誤ったベイズ推定による嘘=エセ医療デマゴギーについて説明しましょう。この表の上に書いてある説明の誤った変数が本邦医療界を汚染し尽、本邦をエセ医療国家としたジャパンオリジナル・エセ医療デマゴギーの核心です。  まず、罹患率・感度・特異度の三つについて以下に説明します。 罹患率:ある集団で新たに診断された罹患者(感染者)の数を、その集団のその期間の人口で割った値。 感度:実際に疾病にかかっている人が検査で陽性となる割合で、検査による疾病(感染)発見の能力を表す。値が高いほど良いものと考えるのが基本である。 感度=検査で発見された罹患者(検査陽性者数)/全罹患者(真の陽性者数) 特異度:疾病にかかっていない人が検査で正しく陰性となる割合で、非罹患者(未感染者)を陽性 としない能力を表す。値が高いほど良いものと考える。 特異度=検査で発見された非罹患者(検査陰性者数)/全非罹患者(真の全非感染者数) (参考: 国立がん研究センター がん情報サービススクリーニング検査の効果指標〉  これらは、抗体検査や血液検査などの正常値と異常値の相対値をもとに診断する一般的な医学検査における誤判定の可能性を示すもので、臨床における検査結果の慎重な運用と診断を求めるものです。従って、医師国家試験に頻出問題として出題されることは当然のことです。  現在迄流布されてきたジャパンオリジナル・PCR検査抑制エセ医療デマゴギーは、ここを突いて本邦医学界を汚染したものです。それでは、その手口を再現します。
次のページ
ジャパンオリジナル・エセ医療デマゴギーの手口
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right