デモ、暴動、正義。BLMに賛同し政治化するポップスターたちの訴え。

Protests Continue In Baton Rouge After Police Shooting Death Of Alton Sterling

Photo by Mark Wallheiser/Getty Images

Black Lives Matterに世界中のアーティストが賛同

 5月25日のミネソタ州ミネアポリスにおける警察官の非人道的で人種差別的な暴行によるジョージ・フロイドの死に対して、英米だけでなく、K-POP、インドや中東など世界中のアーティストや俳優たちがBlack Lives Matterに連帯している。  そりゃそうだろう。人種や国籍で音楽や映画の才能を抽出するのは無理な話だ。ポップミュージックには真善美を求める意思があって、周囲の通行者らが抗議しているのに警官が黒人の首を押さえつけ殺害してしまう、というのを許しがたいことだと思うのは当然だ。  彼(女)らの発言や行動にもかなり様々な動き方がある。ツイッターやインスタグラムで賛意を表明するだけでなく、デモ行進に行ったり、巨額のカンバを行ったりと。    たとえばビリー・アイリッシュは昨年史上最年少でグラミー賞を受賞したアーティストだが、特筆すべきは「Black Lives Matter(黒人の命が大切)」を掲げる抗議行動への批判として「All LIVES Matter(全ての命が大切)」という標語が出現したことに対し「クソ野郎どもはいつでも話題をすり替える」と激怒したことはあまりにも有名だ。
 ともあれあまりにも多くのアーティストたちがBLMに連帯していて、誰それが賛同した…というのを挙げていくだけだと、単なるBLMへの賛同者リストになってしまうのが悩みどころだが、ここは筆者の独断でとくに特記した方が良いものについて述べていく。

K-POPファンの足並みそろった抗議行動

 様々な形での事態に対する連帯、団結が広がる中、層として非常な団結を示したのがK-POPペン(ファン)勢である。  K-POPのファンは世界中にあまねく存在するが、テキサス州ダラスの警察による、違法行為監視を名目にした市民の相互監視用アプリや、右派のハッシュタグ「#White Lives Matter」などに、自らが好むK-POPアーティストの画像などを大量に投下しまくりその機能を麻痺させてしまうなど、インターネットなどの世界で大暴れしている。K-POPのペンたちが展開しているのは、まさにSNSなどサイバー空間での反レイシズムの“人民戦争”と呼べるだろう。BTSのペンをARMYと呼ぶのは示唆的でもある。  また、BTSのBLM関係団体に対する寄付に呼応して、有志のファングループ「One in an ARMY」が「#Match A Million」キャンペーンを展開。24時間以内に目標額の100万ドルを達成している。  BTSが100万ドルをBLMに寄付したことはインパクトのある話だが、彼らがポリティカルというか、ヒューマニスティックな何かを行なったのは初めてではなくて、たとえば2018年のLove Yourselfキャンペーンに言及しておくのは必要だろう。  大変な状況にあっても、世界の若者が自己を愛することができるように、というユニセフでの感動的なスピーチがある。このような積み重ねがあってのBLMに対する寄付といった行動である。
次のページ
平和な抗議と騒乱、暴動、略奪がシームレスになっている
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right