政治家の資質とは何か? 今、国民に問う。『なぜ君は総理大臣になれないのか』大島新監督<映画を通して「社会」を切り取る20>

©ネツゲン

©ネツゲン

 ただ社会を良くしたい。その一心で当選から17年間、ひたむきに走り続けた政治家の姿を記録したドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』が、現在、ポレポレ東中野などの劇場で公開されています。  衆議院議員・小川淳也、49歳。2019年の国会で統計不正を質し、SNSで「統計王子」「こんな政治家がいたのか」と注目を集めた。  大島新監督が小川議員と初めて出会ったのは、2003年10月10日、衆議院解散の日。地元香川県の名門・高松高校からストレートで東大法学部へ進学、自治省(現総務省)に入省するも官僚組織の限界を感じ、民主党から初出馬を決意。当時32歳だった。「国民のためという思いなら誰にも負けない自信がある」と真っすぐに語る無私な姿勢に惹かれ、大島監督は撮影を開始した。  地盤・看板・カバンなしで挑戦した初の選挙戦は敗退するも、2005年には初当選、2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と目を輝かせた。  しかし、2012年に下野してから、政権交代のチャンスはなく、2017年の総選挙では、希望の党への合流を決断した前原誠司の最側近として決断を迫られることに。希望の党の小池百合子代表への不信感から無所属での出馬を検討するも、前原や地元の盟友・玉木雄一郎への仁義というジレンマの中、小川議員の苦悩は続く。背水の陣の選挙戦に彼はどのように挑んだのか。  そして、17年間、小川議員を見続けた監督・大島新の目に映ったのは、日本政治の希望か絶望か――  前回に引き続き同作の監督の大島新さんに、小川議員が希望の党から立候補した2017年の選挙戦の様子や取材を通して感じた政治家に向いているタイプなどについてお話を聞きました。

小池百合子の一言で将来が変わった

――小川議員は「持続可能な未来」というキャッチフレーズを掲げて自著『日本改革原案 2050年 成熟国家への道』などでも積極的に政策提言を行っていますね。 大島:はい。ただ、野党なのでどうにもなりません。民主党が政権を取った2009年にも当選していますが、当選して2期目だったので党内での発言権もさほど強くはなく、自身の政策実現には至りませんでした。  2017年9月の民進党の代表戦で前原(誠司)議員が枝野(幸男・現立憲民主党)議員に勝った時は、ホップステップジャンプの「ホップ」になり得る時だったんです。  当時前原議員は「オール・フォー・オール」という経済政策を掲げて代表戦に勝ったのですが、政策をまとめたのは前原議員の右腕だった小川議員でした。「オール・フォー・オール」にはまさに『日本改革原案』で記載された「持続可能な社会」を掲げた内容が盛り込まれたもので、前原代表の下で党役員室長として政策を実現するはずでした。
©ネツゲン

©ネツゲン

 ところが、希望の党を結成した小池(百合子)代表と前原代表が合流を決めたため、結局役員室長でいられたのは1ヶ月だけでした。小池代表の登場で小川議員の「ホップ」が潰えてしまったんです。 ――撮影開始の2003年から現在に至るまで小川議員を追いかける中で、一番小川議員が「理想と現実の中でもがいている」とお感じになった時はいつだったのでしょうか。 大島:やはり無所属で出馬すべきか、希望の党で出馬すべきか迷った2017年の選挙でした。それまでも、苦しい選挙はたくさんありましたが、一番矛盾を感じながら戦っていましたね。  私の妻が彼の高校の同学年だったという縁で小川議員と出会ったこともあり、取材者だけではなく、友人としての付き合いもありました。ドキュメンタリーの監督としては人間ドラマが期待できるとは思いましたが、長い友人としては切なかったです。 ――劇中でも希望の党から立候補したことについて、「節操がない」「安保法制は反対だったのに。腹の中は真っ黒だ」など、地元の人たちから辛辣な言葉を浴びせられる様子が描かれています。 大島:本人にそのつもりはなくても、その言葉自体は間違いではないですよね。実際に、希望の党から立候補したことで小川議員から離れた人たちもいました。  希望の党から出馬した理由は、前原議員との仲や党議決定などいろいろ理由はあったと思いますが、無所属で出馬すると比例区で復活当選ができない。やはり、無所属で勝ち切る自信がなかったんでしょうね。選挙戦中に「やはり無所属で出馬するべきだったのか」と苦悩するシーンが登場しますが、敢えて厳しい言い方をすれば、それが小川議員の弱さでもあったと思います。

選挙戦を振り返って

――結局、自民党の平井(卓也)議員にわずかの差で負けてしまい、比例区で復活当選しています。小川議員はその選択をどのように思っているのでしょうか。 大島:今では色々なことが吹っ切れて、希望の党から出たのは間違いだと認めていますね。やはり信念を通して無所属で出るべきだったと。希望の党が解党した後、前原議員とも民進党時代から一緒だった隣の選挙区の玉木雄一郎議員とも決別して、国民民主党に行かない選択をしたということも大きいと思います。  無所属となった数ヶ月後には勤労統計やGDP統計の上昇について検証する国会質疑をし「統計王子」と言われるようにまでになりました。一部の国会ウォッチャーからの評価は上がっています。 ――なぜ今のタイミングで映画を公開しようと思ったのでしょうか。 大島:2017年の選挙戦で映画にできるだけの映像は撮影できたんですね。ところが、彼がこの敗北をどのように振り返るのか、俯瞰して見られるようになってからこの映画を終わらせたかったんです。 ――議院内閣制である以上、本当に内閣総理大臣になりたいのであればどこかの党に所属しなければなりません。現在の小川議員は立憲民主党・無所属フォーラムに属し、立憲民主党代表特別補佐を務めていますが、立憲民主党から出馬するという選択肢も出てきますね。 大島:そうですね。ただ、どの党から出ようが、次は選挙区で当選できなかったら人生考え直さないと、と本人は思っているのではないでしょうか。自分の選挙区で勝って、いずれは党を率いる立場にならなければ内閣総理大臣の椅子は見えて来ません。  出馬当初は50歳を過ぎてだらだらやっていたくないと言っていました。小川議員は今年49歳で来年50歳になります。小川議員の中では国会議員をやっていても総理大臣になれないのであれば意味がないということなんです。
次のページ
正攻法では限界がある
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right