不良が始めたMCバトル、オタクの参加を経てさらに次世代へ。凱旋MCバトル成功の背景にあった新世代の絆<ダメリーマン成り上がり道 #27>

意外に深い世代間のブランク

――同世代の力が強かったようですが、上の世代からなにか言われることはありませんでしたか? 怨念:「始めたころは『あんまりよく思っていないんだろうな』って歳上の人もいましたけど。最近は何もないですね」 正社員:ヒップホップにも世代の違いみたいなのはありますし、僕とかは結構それを食らってる世代なんですけど、怨念とかはだいぶ離れてますからね。そういう文化もないし、そもそも、そういう先輩とは知り合わないほうがいいんじゃないかと(笑)」 怨念:「イベントの主催ということでいうと、正社員さんの次が僕の歳とかですよね? 15個ぐらい離れてる」 正社員:「イベントのスタートでいうと戦極の前の戦慄MCBATTLEが2009年、UMBとかも2005年とか、THE罵倒が2007年とかで。凱旋MCbattleは2018年スタートなので、10年近く開いてる。その間もいろんなイベントがあったけど、みんなすぐいなくなったりとか、やめていく大会が多かったです」

不良とオタクの次が怨念世代

怨念:「一時期、凱旋だけじゃなくて、他にも同じ会場で始めるイベントが多かったですよ。5つぐらいあったのかな?」 正社員:「そこでやめるのか、3000人集めるイベントになるかの違いは、怨念の人間性だと思います。MCバトルは一番最初に“センスのいい不良”が流行らせたけど、一般の人は入りづらいじゃないですか。そこで“キャラとしてオタク系”の俺が入ってきて、一般の人に受けるにはこうしたほうがいい、あーしたほうがいいですよと。それはダサいって言われるんですけど、だんだんやっていくと」 ――今はMCもオーディエンスもいろんな人がいますもんね。 正社員:「そこまでいって、『この先もうひとつ上のレベルに持ってく奴ってどんなんだろう』って思ってたんですよ。それが俺なのか、もう一回不良の人がパッとくるのか、どうなんだろうって思ってたときに、凱旋がガーッときた。それは、ただただ若くて、ただただ男前で、ただただ人間性がいい人が『リーダーシップを持ってやるぞ!』ってやったことがデカいのかなと」 ――主催者の色が反映されるんですね。 正社員:「基本、俺は怨念の人間性だと思いますね。怨念だったら2か月3か月前にメンバーを考えて、連絡して、こうやりたいって思いを伝えて……。それって普通のことだけど、消えてく奴らはやってない。やってたとしても頻度や質が少なかったり、ケアが低かったりする。怨念的にどう思ってるのか気になるけどね。自分がやった新しいことってなんだと思う?」  仮想敵(?)のMC正社員から誉め殺しにあった怨念JAPは何を語るのか? 次回もお楽しみに! <構成/HBO編集部>
戦極MCBATTLE主催。自らもラッパーとしてバトルに参戦していたが、運営を中心に活動するようになり、現在のフリースタイルブームの土台を築く
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right