「高輪ゲートウェイ駅」に導入された「4つの“JR初”」とは?

「グローバルゲートウェイ品川」は2024年に完成

 さて、高輪ゲートウェイ駅は開業したものの、その名前の由来となったJR東日本主導の再開発事業「グローバルゲートウェイ品川」はまだ始まったばかりだ。再開発は2024年度中に全面開業する予定で、オフィス、ホテル、商業施設、駅前広場などが設けられる計画となっている。 多くの「JR初」を導入した高輪ゲートウェイ駅。「グローバルゲートウェイ品川」には一体どういった「日本初」が生まれることになるのであろうか。
「グローバルゲートウェイ品川」に設けられる広場

「グローバルゲートウェイ品川」に設けられる広場。
高輪ゲートウェイ駅の駅前広場としての機能も持つ。
(JR東日本ニュースリリースより)

<取材・文・撮影/若杉優貴(都市商業研究所)>
若手研究者で作る「商業」と「まちづくり」の研究団体『都市商業研究所』。Webサイト「都商研ニュース」では、研究員の独自取材や各社のプレスリリースなどを基に、商業とまちづくりに興味がある人に対して「都市」と「商業」の動きを分かりやすく解説している。Twitterアカウントは「@toshouken
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right