映画「パラサイト」が炙り出す「階層移動はほぼ不可能な世界トップレベルの格差社会」という韓国の現実

[密着ルポ]本当にヤバい韓国の真実

『パラサイト』で描かれた、ソウル市内の貧困層

階層移動はほぼ不可能。世界トップレベルの格差社会

 韓国映画『パラサイト/半地下の家族』がアジア映画として史上初のアカデミー賞4部門を受賞し、韓国の存在が一躍、世界に轟いた。同映画は韓国社会の深刻な貧困問題を描き、観る者に衝撃を与えたが、そこでも描き切れないほどに実際の韓国社会には闇が溢れている。その惨状は一部で「ヘル朝鮮」と揶揄されるほどだ。  その根底にあるのがやはり「深刻な格差」と語るのは、韓国の社会情勢に詳しいジャーナリストの徐台教氏。韓国では’70~80年代にピークを迎えた高度経済成長が’97年に破綻。出生率はゼロ台に突入し、若者の未曽有の就職難に加え、階層の固定化が著しい。’17年はOECD加盟国中、アメリカに次いで所得上位と下位10%の賃金格差が大きかった。また、大企業が0.1%、中小企業が99%以上でその中間はなく、双方の生涯賃金には大きな乖離がある。
所得の両極化の水準

PPP指数(購買力平価)に換算した月平均賃金の比較。韓国は日米よりそれぞれ差が開いている(出典:韓国・中小企業研究院)

上位と下位10%の賃金格差(’17年)

OECD各国との’17年統計比較。大企業と中小企業の間の中堅企業が存在しないがゆえの結果となっている

特権階級を乱用した朴槿恵は去ったが階級は残った

「韓国では、上位30大学の卒業生であれば一応、大企業に就職することが可能です。しかしそれ以外の大学卒や高卒だと難しく、安定した生活が得にくくなってしまう。特権階級の力を乱用し尽くした朴槿恵前大統領が弾劾されてうやむやになっているが、階級はそのまま残っているわけです。人間の立ち位置がカテゴライズされやすい韓国社会は本当に恐ろしいと常々感じます」  階層固定化の源流と言われているのが「386世代」である。「’90年代に30代、’80年代に民主化運動に関わった’60年代生まれの者」を意味するが、この世代で大卒者が激増し、学歴による収入の格差が生じた。それがそのまま階層として子供に受け継がれ、富の偏在が生じているといえる。昨年曺国法務部長官(当時)が自らのコネで子供に不正入学をさせた事件もその象徴で、内申書の加点は親が金持ちであるほど有利になる実態が根強くあると言われている。
次のページ
期待をされていた文政権だったが……
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right