なぜ東京には東京メトロと都営地下鉄、二元体制なのか?<東京地下鉄100年史>

東京メトロと都営地下鉄、2つの鉄道事業者

浅草線 今回取り上げるのは、東京都が建設した初めての地下鉄路線、都営浅草線だ。東京メトロにとって最古の路線が銀座線であるように、都営地下鉄にとって最古の路線という位置づけなのが浅草線である。  東京で地下鉄を利用したことのある人の誰もが、なぜ東京には東京メトロと都営地下鉄の2つの地下鉄事業者が存在するのかという疑問を持っていることだろう。東京メトロの前身、営団地下鉄(帝都高速度交通営団)は地下鉄ネットワークの整備を目的として1941年に設立された特殊法人であった。にもかかわらず、東京都は別に都営地下鉄を建設し、運営している。どうして東京の地下鉄は二元体制で進められることになったのか。その裏側には、政府と東京都の長年にわたる「確執」が存在したのである。  東京の地下鉄整備計画のルーツは、ちょうど100年前にさかのぼる。東京の都市計画を策定する「東京市区改正委員会」は1920年、東京の規模拡大に伴って、路面電車だけでは輸送需要に追い付かない状況となったことから、7路線からなる地下鉄整備計画を告示。さらに1925年には、関東大震災の復興計画にあわせて計画が改定され、5路線からなる東京都市計画高速度交通機関路線網が告示された。現在の地下鉄ネットワークはこの計画を出発点として、幾度もの改定を重ねた結果、整備されたものである。

東京市から地下鉄建設の主導権を取り上げた政府

 地下鉄は都市計画の担い手であり、地下鉄の収容空間となる道路の管理者でもある地方自治体の手で建設されることがほとんどだ。現在、札幌、仙台、横浜、名古屋、京都、神戸、福岡など日本各地に存在する地下鉄は、営団地下鉄を改組した東京メトロと、大阪市営地下鉄の民営化によって誕生した大阪メトロを除き、いずれも「市営地下鉄」という位置づけにある。  当然、日本で最初に地下鉄整備計画が浮上した東京も、東京市(当時)の手によって建設が進められる計画だった。しかし、東京市は震災復興で手一杯で、地下鉄整備に着手することができず、戦前に開通した路線は、将来市営地下鉄と統合するという条件のもと、民間企業の手で建設された現在の銀座線のみにとどまった。  その間にも東京の規模拡大は続き、地下鉄整備の必要性はますます強まっていく。地下鉄整備を急ぎたい国は、政府が主導する形で都心の鉄道・バス事業者の統廃合を進め、地下鉄整備を担う主体として1941年7月に営団地下鉄を新設。東京市は路面電車とバスの運営を担当することになった。いわば国が東京市から地下鉄建設の主導権を取り上げた格好になる。
次のページ
戦後も解体されなかった営団地下鉄
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right