センター試験の果たしてきた役割とその課題<入試改革のあやまちを繰り返さないために3>

失敗から学ぶ今後の入試改革のありかた

マークシート 2020年度から実施される共通テストにおける数学と国語の記述式試験が見送られることになりました。多くの専門家と高校生の声によって、入試改革が正常化の流れに近づいたといえます。  しかし記述式を再度導入しようとする流れもあるなど、今後も予断を許さない状況です。この連載では、記述式の未練をしっかりと断ち切り、今後設計されるであろう入試改革について提言していきたいと思います。  今回は、センター試験がこれまで果たしてきた役割とその課題について説明します。

今、最優先ですべきこと

 大学入試に関して、今、最優先ですべきことは、来年の1月に実施予定の共通テストをセンター試験のままで実施することの発表です。現在の高校2年生は今後どうなるのかが未決定のまま新年を迎え不安に思っています。過去40年このようなことはありませんでした。  とりあえず「センター試験を継続すべき」とする理由は、共通テストの記述式が見送られたままでは試験にならないからです。数学の場合は「数学I」「数学I・数学A」に記述式が15点分出題される予定でした。したがって、記述式がなくなったままの試験では85点ということになります。85点満点では他教科とのバランス等も考えて不自然ですから、残りの15点をどのようにかしなければなりませんが、15点分を何に割り当てるのかなどの発表はありません。  国語の場合は、記述式も含めて時間も20分延長し、大問も1題追加される予定でしたが、記述式がなくなってどうするのかの検討が必要です。これは緊急事態なのです。新しい形式にするのであれば、もう一度試行調査からやり直すべきですが、そのような時間はありません。こうなってしまった以上、一番確実で安全なのが、センター試験の継続となります。今月の中旬の検討委員会を待ってからとは言っていられないはずです。まず、「来年度は、センター試験を継続する」と発表して、次の試験をどうすべきかにとりかかるべきです。とりあえずの「センター試験の継続」を主張する人がすべて「センター試験が万能である」と思っているわけではないことにも注意してください。
次のページ 
センター試験の役割を再検討する
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right