政界宗教汚染の結晶だった「第4次安倍改造内閣」~「統一教会」を追うジャーナリストが選ぶ5大ニュース

カニメロン菅原

(撮影/藤倉善郎)

 前回、「やや日刊カルト新聞」総裁兼刑事被告人である藤倉善郎氏に2019年の10大カルトニュースをまとめてもらったが、同時に同紙の主筆であり、本サイトで「政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係」を連載中の鈴木エイト氏にも、「統一教会(世界平和統一家庭連合)」に絡んだニュースを5つ選んでもらった。

筆者も「パクられ」た菅原一秀に関する報道

◆第5位 『菅原一秀・河井克行「スピード辞任」疑惑まみれ人材が出世できたワケ』 現代ビジネス  後述する“カルト内閣”について筆者や藤倉善郎氏が書いた記事やコメントが複数の媒体でパクられた。その最たるものが現代ビジネスに掲載された時任兼作による「コピペ」記事。筆者が菅原一秀について書いた記事(HBO『統一教会と関係の深い議員が多数入閣。その一人、菅原一秀の経産相抜擢に見る、「菅政権」への布石』)の複数箇所がコピペされていた。最初に発覚したのは、筆者が原稿内で名前を間違えて後に訂正した箇所。そこをそっくりそのまま筆者の間違えと同じ間違えをしていたのである。その箇所については、「出典を明記し忘れた」として、後に出典を書き加えたが、その後も複数の「コピペ」が疑われる箇所を発見し、ハーバービジネスオンラインと筆者の連名で出した通告書に対し、現代ビジネスは「表現として創作性が認められるような点で共通しているものではなく、著作権侵害には当たり得ない」としながらも同記事の当該箇所を訂正した。
HBOと現代ビジネスに掲載された文章の比較

HBOと現代ビジネスに掲載された文章の比較、コピペは明らか

次々と明らかになる「自民党議員」と統一教会の蜜月

◆第4位『安倍首相肝いりの候補、北村経夫参議院議員の演説会に統一教会信者が大量動員』ハーバービジネスオンライン  2013年の参院選で安倍晋三首相直々の依頼を受けた統一教会の組織票約8万票の上積みにより初当選を果たした北村経夫。二期目に挑んだ今年の参院選でも統一教会が全面支援。大宮での個人演説会を取材すると、会場を教団関係者が仕切り、大量の信者が後援会メンバーとして動員されていた。世界平和連合のVIP席も用意され、教団幹部が来場。 ◆第3位『前環境大臣・原田義昭氏激白。「統一教会イベントに自民党から10名が出席」』ハーバービジネスオンライン  10月初頭に統一教会が愛知県で開催したジャパンサミットと5万人信者集会に多数の国会議員が来賓出席。教団との関係を追及する質問書を送ったところ、来賓の一人だった原田義昭前環境大臣から直接電話があり、同教団と付き合うことの正当性を力説。閣僚経験者がここまで統一教会との関係を語ったのは異例。
次のページ 
政界宗教汚染の結晶もそこから瓦解
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right