姿を消した上野モノレール、実は「都営交通の歴史の生き証人」だった

60年以上の歴史を持つ東京初のモノレールが姿を消す

 10月31日、ついに東京初の――そして日本初の歴史を持つモノレールが姿を消してしまった。  といっても、もちろん羽田空港から浜松町を結ぶお馴染み「東京モノレール」のことではない。上野動物園の東西を結ぶ通称「上野モノレール」のことだ。  上野モノレールは1957年に開業した歴史ある路線で、休止の理由は車輌の老朽化。上野動物園に行かないと殆ど見る機会もないことから、都民でさえも「あー、そういえばあったなあ…」程度の認識かも知れないが、実は東京の交通史を語るうえでは非常に重要な路線であった。
上野動物園内を走る上野モノレール

上野動物園内を走る上野モノレール。

「僅か300メートル」――距離は短くとも長い歴史があった都営モノレール

 上野モノレールは上野動物園の東園から西園を結ぶ全長約332メートルの路線だ。開通は1957年のことで、正式名称は「東京都交通局上野懸垂線」。短い路線といえども、遊具などではなく正式な鉄道路線である。  まずは上野モノレールに乗ってみよう。筆者が入園したのは、JR上野駅に近く、メディアなどでお馴染みの上野動物園正門がある東園側。そのため、モノレールは東園駅から乗車することにする。
パンダ舎

東園には現在パンダ舎やゾウ舎、トラ舎などがある。
遊具の上でお昼寝中のところ失礼します。

 運行最終日を控えた上野モノレール東園駅は多くの人で賑わっていた。  それ以上に気になるのが、今では懐かしくなったレトロな自動券売機に自動ではない改札システム。東京都交通局の路線といえども、IC乗車券や都営交通のフリーパス「都営まるごときっぷ」などは使うことができない。
上野モノレール・東園駅

上野モノレール・東園駅。
歴代車輌の案内がある。現在の40形は4代目。

 150円の切符を駅員に手渡して乗車口に立つと、300メートルほどの路線とは思えないほどの重厚な橋脚が目に入る。銘板には「石川島播磨重工業(現:IHI)」と「八幡製鉄(現:日本製鉄)」の文字があり、短い観光客向け路線でありながら日本を代表する大企業が手掛けたものであるということが分かる。  実は、上野モノレールはもともと新たな都市交通の実験線として造られたものであり、この銘板はその歴史を示すものの1つだ。
橋脚に取り付けられた銘板

橋脚に取り付けられた銘板。62年前に設置されたものだ。
「八幡製鉄」「石川島播磨重工業」「日本ペイント」と日本を代表する大手企業の名前が並ぶ。

次のページ 
「地下鉄」までの試行錯誤をした時代
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right