iモード、2019年9月30日をもって新規申し込み受付終了。iアプリ開発者が振り返る「あの頃」

RTS『キングオブアース』

筆者の開発末期、RTS『キングオブアース』

歴史の中に消えていく、iアプリゲーム文化

 iモードの新規申し込み受付が、2019年9月30日に終了した(参照:NTTドコモ)。iモードは1999年1月25日に発表され、同年2月にサービスが開始した(参照:東京新聞e-Words)。そして、2016年の11月から12月にかけて出荷を終了した(参照:NTTドコモ)。  2016年の時点で実質的に終了していたとも言える。しかし今回の受付終了で、新規の加入ができなくなった。サービス自体は引き続き利用できるようだが、登場から20年ということで、ひとつの節目を迎えたと言えるだろう。  さて、iモードには、iアプリというアプリケーションを実行できる環境があった(参照:NTTドコモ)。2001年発売の「503i」シリーズから登場したiアプリは、iモード上で動く Java アプリケーションだ。同業他社である au には EZアプリ、SoftBank には S!アプリがあった。この時期、携帯電話上で動くアプリケーションの世界があったのだ。そして、これらの端末上でだけ動く、コンピューターゲームの世界が存在した。  私は、このiアプリの開発をおこなっていた。当時の貧弱な端末で、シミュレーションRPGや、RTS(リアルタイムストラテジー)を作っていた。家庭用ゲーム機の世界とは違い、こうした携帯電話向けのゲームは、レトロゲームのブームにはのらず、振り返られることもないだろう。そもそもこれからの時代、新たに遊ぶことができないものだ。  歴史の中に消えていくゲーム文化。その開発側に私はいた。当時、部屋にこもって、一人でコツコツとプログラムを書いていた。  私が参戦したのは2003年の4月。2002年5月21日に出た「504i」と、2003年5月に出た「505i」の、ちょうど移行期だ。  「504i」は、縦横120ドットという小さな画面だった。「505i」は、縦横240ドットという、2倍にはなったがそれでも小さな画面だった。  iアプリという、消えようとしている実行環境。その開発側にいた人間として、顧みられることのない歴史を、私自身の経験を語ることで振り返ってみようと思う。
『Princess Forces 魔王の復活』

筆者が開発に参入して、初めて作ったシミュレーションRPG『Princess Forces 魔王の復活』

iモード向けiアプリ開発に参入

 私は、2002年4月26日に起業した。最初の1年間は、ボードゲームやカードゲームを作っていた。そして1年が経ち、そこそこ売れはしたが、印刷し過ぎたせいで、大量の在庫をアパートの部屋に抱え込んでいた。  物理的なものを作ると、倉庫がないと辛い。当たり前のことだが、起業した直後の私は気付いていなかった。実家が商売をやっていて、在庫管理を目の前で見ていたのに。  「これは困ったな」というのが、2003年3月の私の率直な感想だった。  そんな折、2003年の3月29日に「わりと若手プログラマーの会」という集まりに誘われて、顔を出した。  私は『めもりーくりーなー』というソフトで、財団法人インタ-ネット協会の、「オンラインソフトウェア大賞2001」というのに入賞していた。また、2002年9月から「窓の杜」で『めも理と窓太のパソコン講座』という記事とマンガを連載していた。  「わりと若手プログラマーの会」というのは、「オンラインソフトウェア大賞」と「窓の杜」関係の人が集まるらしく、その日初めて参加した。  その集まりで、iモードの公式サイトを運営している会社の人が「RPGを作れる人はいないか?」と周囲に尋ねていた。その会社では「RPG大集合!」というサイトを運営しており、開発ができる人を集めていた。  私は手を挙げて「シミュレーションRPGなら作る」と答えた。RPGは、何となくデバッグが大変そうだと思った。シミュレーションRPGなら、基本システムを作れば、あとはマップを変えるだけだからデバッグが簡単だ。何より私は、学生時代、延々とシミュレーションRPGやウォーシミュレーションゲームをやっていた。  ちなみに私はその時、シミュレーションRPGを開発したことはなかった。iアプリの開発経験もなかった。携帯電話すら持っていなかった。さらに商業向けゲームのプログラムを書いたこともなかった。そもそも前職ではプログラマーではなかった。  ただ、コミケでいくつかJavaでゲームを作った経験があったので「何となくできるだろう」と思い、手を挙げた。もっと言うと、ボードゲームの仕事が食えそうもないと分かってきたので、何か新しいビジネスを必要としていた。  IT系の仕事は、ともかく動きが速い。待つのが嫌いな私には相性がいい。9日後の4月8日に、その会社を訪問して、帰りがけにiモード端末を買った。そして4月11日にゲームの企画書を送り、4月15日に開発環境を構築してゲームの開発を始めた。
次のページ 
制限だらけの環境を創意工夫でなんとかした
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right