JCO臨界事故の悲劇から20年。改めて振り返る事故の概要と要因

東海村原子力安全フォーラム

東海村原子力安全フォーラム(撮影/井田真人)

20年後のJCO臨界事故フォーラム

 今年(2019年)の9月30日でJCO臨界事故の発生から20年になる。1999年9月30日に茨城県東海村の株式会社ジェー・シー・オー(以下、JCO)で発生したこの被ばく事故は、後に重度の急性放射線障害で2人が死亡するなど、非常に痛ましいものとなった。2人の死亡者のうち、最も重い被ばくを受けた大内さん(当時35歳)の治療過程はNHKの特別番組「被曝治療83日間の記録 ~東海村臨界事故~」(2001年)(※新潮社より文庫化している)で克明に報じられたため、覚えている方も多いだろう。筆者はあの番組を観てから1週間ほど、重々しい、憂鬱な気分が抜けなかった。  強力な放射線により細胞内の染色体が破壊され、緩やかに、しかし確実に朽ち果ててゆく自分の体との壮絶な闘いに敗れ、大内さんは事故の83日後に多臓器不全で永眠した。また、2番目に重い被ばくを受けた篠原さん(当時40歳)も、同様の経過をへて事故から211日後に永眠している。さらに、この事故では近隣住民の被ばくも起こったが、その住民たちに対する健康調査は現在でも続けられている。  この事故の記憶を風化させまいと、9月7日の午後、「東海村原子力安全フォーラム ~ JCO臨界事故を教訓として、ともに考える」と題するフォーラムが開かれた。主催は東海村、開催場所は東海村の東海文化センターであった。  講演者は4名おり、以下の通り、そうそうたる顔ぶれであった。 ・村上達也氏(前の東海村長) ・桐嶋健二氏(現在のJCO社長) ・田中俊一氏(飯舘村復興アドバイザー、前の原子力規制委員会委員長) ・福嶋浩彦氏(中央学院大学教授、元我孫子市長、元消費者庁長官)  この4名のうち、村上達也氏は事故当時の村長であり、事故対応の陣頭指揮をとった人。そして、田中俊一氏は、事故当時は日本原子力研究所(のちに核燃料サイクル開発機構と統合され、現在の日本原子力研究開発機構に)の東海研究所副所長であり、JCO事業所内で続く臨界を終息させる作業にあたった人という、JCO臨界事故の正真正銘の当事者たちである。

1分間の黙祷から開幕したフォーラム

 フォーラムは、2人の犠牲者に対する1分間の黙祷で幕を開けた。続いて、主催者と主賓の挨拶が行われた。挨拶を行った主賓の中には、今夏の参院選茨城県選挙区に立憲民主党の公認候補として立候補し、初当選した小沼巧氏の顔もあった。彼は「リアリティのある原発ゼロ」を政策に掲げる若手議員である。  次いで、JCO臨界事故の概要を伝える7分程度の重々しいビデオが放映された(機器トラブルがあり、実際に放映されたのは村上達也氏の講演の後になった)。そして、先に紹介した4名による講演が始まった。
次のページ 
JCO臨界事故の経緯
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right