上場即爆上げも。仮想通貨市場で「ICO」に変わって注目される「IEO」とは?

 “仮想通貨バブル”を演出したICO(イニシャル・コイン・オファリング)が衰退し、短期でハイリターンが狙えるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)に注目が集まっている。なぜ、人気なのか。購入方法は? 今回、多角的に分析した

上場即爆上げのIEOに乗れ!

IEOの仕組み(資金調達の流れ)/ICOでは企業と投資家が直接やりとりしていたが、IEOでは取引所が仲介する格好だ

 スタートアップなど、勢いのあるベンチャー企業が、暗号資産(仮想通貨)取引所を介して資金を調達するIEOが、注目されている。今年4月、ブロックチェーンを扱うベンチャー企業「ベリブロック社」が、わずか10秒で700万ドルを集めて話題となるなど、IEOによる資金調達額は今年上期だけでも総額15億ドル。  かつて、暗号資産バブルを牽引したICOの“集金力”が8億3600万ドルにとどまることからも、その勢いたるやすさまじいの一言に尽きるのだ。短期間でハイリターンが期待できるとされ、現在、世界中の投資家から熱い視線を集めているIEOだが、まずはその仕組みについて知ることが大事だろう。金融ライターの児山将氏が話す。 「ひと言で言えば、IEOはICOが抱えていたリスクを取り除いた資金調達法。取引所が投資家に代わって優良なプロジェクトを選別、審査し、ベンチャー企業に代わってトークンを発行する。ICOの場合、プロジェクト側は投資してくれる投資家を自ら探し、勧誘しなければならず、多くのコストが生じていたが、IEOは多くのユーザーを抱える取引所がプロジェクトを告知するので、投資家に容易にリーチできる。また、取引所にとっても、代行手数料を得られるし、IEOの参加には実施する取引所のトークン購入が条件になるので、独自トークンの値上がりも期待できる。プロジェクト側にも取引所側にもメリットが大きいのです」  人気は日本にも波及し、8月26日には国内交換業大手のコインチェックが新規参入を表明。9月11日には米国最大の取引所コインベースも、IEOの立ち上げを検討していることを明らかにした。

大手取引所バイナンスがIEO人気を牽引!

 IEOが人気の理由は、IEOが上場直後に3~5倍程度も「急騰」しているからだ。

<IEO実施後のMatic Network価格>Matic Networkは’19年4月26日にIEOを実施。①5月10日にBTC0.00000051まで値を下げたが、②5月21日にはBTC0.000004に急騰した

「世界最大手の暗号資産取引所『バイナンス』が’17年に初めてIEOを行ったが、当時はICOが全盛でさほど関心は呼ばなかった……。ところが、今年1月に実施されたIEOが上場日に5.48倍と高騰したことで一気に注目が集まり、多くの取引所が後に続いたのです」(児山氏) <大手暗号資産取引所「Binance」’19年1月以降のIEO販売実績> ●プロジェクト名/上場日最高価格÷セール価格/上場日 Perlin/3.48倍/’19年8月26日 WINk/7.89倍/’19年8月1日 Elrond Network/46.15倍/’19年7月4日 Harmony/7.55倍/’19年6月1日 Matic Network/4.00倍/’19年4月26日 Celer Network/5.53倍/’19年3月25日 Fetch.AI/6.00倍/’19年2月25日 BitTorrent Token/5.48倍/’19年1月28日
次のページ 
ICOが衰退した理由
1
2
3
仮想通貨1年生の教科書

仮想通貨投資をこれから始めたい人、必読の指南書!
ビットコインが世を席巻し、数多くの“億り人”を誕生させる投資法として仮想通貨に注目が集まっている。脱サラに成功したポイン氏もその1人。仮想通貨投資を最短で攻略する術を一冊に凝縮!

ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right