使えない上司ほど質問ベタ。「巻き込み型リーダーシップ」が発揮できる5つの質問

 前回、トップダウンのリーダーシップに加えて、ボトムアップの巻き込み型のリーダーシップを発揮すると、成果が上がりやすくなることを紹介した。

頭ではわかっていても話法で繰り出せない

photo via Pexels

 しかし、そのことを頭ではわかっていても、巻き込み型リーダーシップを実際に繰り出すことができる人は、とても少ないのが現状だ。巻き込み型リーダーシップでは、リーダーがメンバーに質問することがキーになる。  書店には、アクティブ・リスニングやコーチングの理論を解説する書籍が、山ほどある。それらを勉強したが、実際にはどう行動や話法で繰り出せばわからないという人が少なくない。  そこで私は、5つの質問を繰り出すだけで、アクティブ・リスニングやコーチングができてしまう、ひいては巻き込み型リーダーシップを発揮できるようになる、その5つの質問を身につける演習を実施している。  リーダー役、メンバー役にわかれて2人1組になり、リーダー役が5分間で5つの質問を繰り出すロールプレイをスマホで自撮りしながら実施するのだ。リーダー役は録画をみて、自分の質問の仕方やメンバー役の返答の仕方へリアクション、表情などについて気づいたことを洗い出し、次のロープレで改善していく。2時間で相当程度、実際に巻き込み型リーダーシップの具体的な話法が身についていく。

メンバーを巻き込む5つの質問

 5つの質問とは、次のとおりだ。  相手の状況はわかっているかもしれないが、あえてその場で、まず「やってみてどうでしたか?」と質問することで、固定観念を持たず、思いこまないで、相手の話に真摯に耳を傾けているという状況をつくることができる。  誰しもポジティブな話題は話しやすいものなので、「うまくいったことは?」という質問をする。そのうえで、「うまくいかなかったことは?」を聞き出すと、相手の発言を促しやすい。  ここまでくると、「うまくいかなかったことをこう改善してください」「ああしてください」と指示・命令に移行しがちだが、次も質問で「改善したいことは?」を聞く。リーダーのほうが改善点がわかっていると思うかもしれないが、実行するのはメンバーなので、メンバー自身に考えてもらうことがとても重要だ。  メンバーが改善点を話すと、「では、実行してください」「いつまでに、それを完了させてください」と、ここも指示・命令に移行しやすいところだが、ここもぐっとこらえて、最後も質問だ。メンバーがリーダーに「サポートを得たいことは?」と聞く。回答内容のすべてでなくてもよい。一部でも、可能な範囲でサポートすることを約束する。
次のページ 
たった5つの質問で部下の能力を引き出せる
1
2
ひとつの質問で合意形成できる! ビジネススキル急上昇 日めくりドリル

ひとつの質問で、合意形成できる! 1日1問で確実にデキるようになる! 年間100社・5000人、20年以上実践してきた能力開発プログラム

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right