香港200万人デモの実相。一夜だけの解放区<大袈裟太郎的香港最前線ルポ5>

「一隅を照らす」

 若者たちに「なぜ警察は帰ったのか?」と聞くと「きみらみたいな外国からのメディアがたくさんきてくれたから、香港警察はこれ以上のイメージダウンを避けたのさ!」と握手してきた。  ハグを求めてくる若者もいた。  まじか、、、その朝、僕は人生で味わった事がないほど、たくさんの人々に誉められた気がする。  いや、2016年名護に墜落したオスプレイに近づき、写真を撮った時も、沖縄のおばあ様おじい様たちに抱きしめられた。  あの時と同じだ。おれたちのカメラは、時に国家が隠す事実を世界にさらし、踏みつけられている人々を解放する手助けができる。  前名護市長、稲嶺進さんの顔が香港の空に浮かんだ。 「一隅を照らす」  それが進さんの座右の銘だ。  それは自分の中でヒップホップの概念にも結びついていた。  これからも自分なりのやり方で社会の片隅を照らし続けることを、香港の空に約束した。  香港市民たちは非暴力で立法会を取り返し、さらに謝罪と法案の延期を掴み取った。  その朝の眠そうでいて、誇らしい若者たちの顔を、僕は忘れる事ができない。 短期集中連載:大袈裟太郎的香港最前線ルポ5 <取材・写真・文/ラッパー 大袈裟太郎>
(Twitter ID:@oogesatarou) 本名・猪股東吾。ラッパー、人力車夫として都内で活動していたが、2016年の高江の安倍昭恵騒動を機に、沖縄に移住。加害側の視点から、高江・辺野古の取材を続ける。オスプレイ墜落現場や籠池家ルポで「規制線の中から発信する男」と呼ばれる。2019年は台湾、香港、韓国、沖縄と極東の最前線を巡り、「フェイクニュース」の時代にあらがう。レポートは「大袈裟太郎JOURNAL
1
2
3
4
5
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right