30人の集落に週5000人の観光客、住民の生活や環境が破壊される!? 奄美大島・大型クルーズ船寄港地開発

環境や生態系の破壊、地域の「キャパオーバー」が懸念される

オアシスオブザシーズ

ロイヤル・カリビアン社の大型クルーズ船、オアシスオブザシーズ(画像はウィキメディア・コモンズより。作者/Paul Dickerson)

 東シナ海に浮かぶ奄美大島(鹿児島県)。「世界自然遺産登録」を目指しているこの島でも、大型観光が地域に与える負担の問題が浮上している。島の南西に位置する人口30人余りの限界集落・西古見が今、大型クルーズ船の寄港地開発で揺れているのだ。  外資系クルーズ観光事業者ロイヤル・カリビアン社が22万トンの大型客船の寄港を画策し説明会を行うなどし、地元では困惑が広がっている。  誘致を推進したい瀬戸内町(鎌田愛人町長)に対し、海や山林の希少生物保護を訴える住民が団体を発足して反対の意思を表明(2018年2月)。環境保護団体・WWFジャパンも開発計画の撤回を求め、国交省・鹿児島県・瀬戸内町に対し、誘致反対の緊急声明を出している(2019年2月)。
アマミホシゾラフグ

大島海峡に棲息する、希少種のアマミホシゾラフグ(文化庁「せとうちなんでも探検隊」のウェブサイトより)

 西古見集落が面する大島海峡は、希少種のアマミホシゾラフグや、未確認のウミウシの新種なども生息しているという。住民や専門家らは、開発と観光客受け入れによって、生態系に与える影響を懸念している。  問題はそれだけではない。世界自然遺産を味わうために、限界集落に毎週訪れる観光バスは100台分、約5000人の観光客が訪れると予測されている。地域の「キャパオーバー」が早くも懸念されていて、物理的にも受け入れは現実的ではない。

表立って反対する島民は“パージ”される

西古見

大型クルーズ船寄港地開発に反対する「奄美の自然を守る会」のウェブサイト

 島の中で、行政のやることに表立って反対を唱えれば、仕事を奪われるなど“パージ”されてしまう。「匿名という条件でなら……」と、島民たちは重い口を開く。 「自治体は、単に港湾整備を口実に、土木の受発注をしたいだけなのではないか。ゴミや汚水は誰が受け入れるのか、その先のことは考えていないのでは」 「集落の区長、地元出身の国会議員は何も考えずにただ誘致をしたい。西古見集落が好きで別の地域から移り住もうにも、新参者に地域の決定への発言権は与えられない。誘致を邪魔するから、と追い出されたという話も聞いた」 「事業者が寄港を引き上げても“大型の軍港として使うから大丈夫”という住民説明もあったという。そこに住む30数人だけでなく、島全体に関係ある話なのに、集落外への説明がなされないのはなぜか」  開発は果たして正解なのか? ただの環境破壊で終わるのではないか? 辺境の穏やかな村社会には、早くも混乱の種が持ち込まれている。
次のページ 
あとに何も残らない「ゼロドル・ツーリズム」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right