先行き不安な時代に特定銘柄一本はリスキー。超人気株式評論家の「令和の戦略」

ポテンシャルを秘めた銘柄をバスケット買いせよ!

「本命は、リニア新幹線工事で特需の恩恵を受けるダイセキ環境ソリューションです。リニアの走行の8~9割はトンネル内になる見込みで、工事で大量の土砂が出ます。その中には人体に有害な物質も含まれている恐れがある。同社は汚染されている土砂の浄化を手掛けており、工事が業績を大幅に拡大させる可能性が高いでしょう」  同社の足元の業績はパッとしないが、数年先を見越せば景色がガラリと変わるはずだという逆張りの発想だ。’19年3月期は最終赤字に陥ったIMAGICA GROUPも然り。 「同社は映像制作に関するあらゆることを手掛けており、4K、8Kの映像機器販売は追い風です。M&Aで傘下に収めた字幕・翻訳サービスの世界最大手・米国のSDIメディアの業績回復が待たれるところ。まさに、これからでしょう」  ほかにも絶好調なのに割安放置のキトーや、経営者のカリスマ性が光るくふうカンパニー、話題のキャッシュレス決済関連など、坂本氏が選んだ銘柄は実に多彩。バスケット買いの妙味だ。

坂本慎太郎氏推奨銘柄

※株価などのデータは2019年6月17日終値時点 ●ダイセキ環境ソリューション(東証1部・1712) 目標価格 1200円  液状産業廃棄物の処理を手掛けるダイセキから分離独立して発足し、汚染土壌の調査から浄化処理まで一貫して展開。社の地盤が名古屋で、ほとんどが地下走行となるリニア新幹線建設工事で発生する大量の土砂処理を担う模様で今後の伸びに期待 現在株価     617円 売買単位     100株 いくらで買える? 6万1700円 予想PER      20.25倍 予想PBR      0.89倍 予想配当利回り  0.96% ●キトー(東証1部・6409) 目標価格 2900円  クレーンやチェーンブロックなど、モノの搬送に用いる機器を製造販売している。新興国を中心に需要が旺盛で、海外生産を拡大。’19年3月期の経常利益は前期比51%超も増加し、今期も2期連続で過去最高益更新の見込みだが、PERは1桁で超割安 現在株価     1680円 売買単位     100株 いくらで買える? 16万8000円 予想PER      6.81倍 予想PBR      1.14倍 予想配当利回り  3.34% ●IMAGICA GROUP(東証1部・6879) 目標価格 1700円  映像制作サービスからソフト、システムの制作・販売などを手掛けており、’15年には字幕・翻訳サービスの世界最大手のSDIメディアを買収。五輪閉会までは4K、8K普及が追い風となるし、世界各地域で映像作品の翻訳需要は拡大傾向にある 現在株価     556円 売買単位     100株 いくらで買える? 5万5600円 予想PER      14.37倍 予想PBR      1.03倍 予想配当利回り  0.85%
次のページ 
推奨銘柄後半、多彩な点がバスケット買いの妙味
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right