蓮池透氏と見る四国・伊方発電所。蓮池氏も驚愕したその立地とは?

 韓国講演の様子(「日本の放射能汚染水海洋流出を危惧する韓国の「脱核運動」。コロラド博士、韓国をゆく」)を報じておりましたが、筆者が、れいわ新選組から参院選立候補が決まった蓮池透氏の四国リレー講演会に同行する機会を得まして、急遽「番外編」としてその模様をリポートします。なお、写真など配信先によってはこちらの意図通り見られない場合もございますので、その場合は本体サイトよりご覧ください。
蓮池透氏

筆者や講演会主催者とともに伊方発電所を見る蓮池透氏

それは昨年9月30日から続いていた

 去る昨年9月30日、伊方発電所再稼働反対集会の一環として、蓮池透氏の講演会が予定されていましたが、台風24号の直撃により飛行機が欠航となりあえなく中止となりました。(参照:“伊方発電所3号炉、抗議活動をよそに再稼働。再稼働当日の現場をリポート | ハーバービジネスオンライン” )  蓮池透氏の公演はぜひ聞きたかったのですが、この企画は生き残り、四国一周リレー講演会として松山、八幡浜、高知、徳島、高松の5箇所で講演会を行うということに発展しました。  この企画について議論が行われた1~3月、なぜかその場に立ち会った結果、「平日暇そうだ」というひどい理由で八幡浜市での蓮池透氏の応対を私が引き受けることになりました。いくらなんでも暇そうだはひどい話ですが、「救う会」で一緒だったでしょうという理由に変わりました。  以前書きましたとおり*、私は、1999年から2003年まで救う会に関与していましたので、家族会事務局長としてのかなり強面で強硬派の蓮池透氏が記憶にありましたので、昨今の変化などにたいへんに強い関心がありました。(参照:“朝鮮半島緊張緩和が進む中、日本の防衛政策はどこに向かうべきか? | ハーバービジネスオンライン” )  日程について四国四県で調整の上で6月開催となり、追って詳細は連絡されるとなりました。

おいおい、本当にやるのかい?

 私の韓国講演(連載中)*が終わり、原稿をこなし、腰を痛めてふと気がつくと、正確な日程も何も知らされていません。これは、5月の集会に体調不良で参加できなかったためもありますが、どうしても情報が見つかりません。しかも6月1日に蓮池透さんが「れいわ新選組」から参院選に立候補する**というすごい報も入ってきました。 <*“日本の放射能汚染水海洋流出を危惧する韓国の「脱核運動」。コロラド博士、韓国をゆく | ハーバービジネスオンライン”> <**【れいわ新選組】は、蓮池透氏(@1955Toru)を、公認候補予定者として発表! 元東京電力社員・元北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長”選挙 | れいわ新選組”>  参院選立候補となると蓮池さんは忙しくなりますし、主催者側の不偏不党原則との関係が問われるかもしれず、情報の全く入らない私はほとほと困りました。しかもiPhoneが行方不明。ポケモンGOにはタブレットを使うので、私はiPhoneを本の山に埋めてしまう悪弊があるのです。なにしろ最近、知人から本が寄付されてくるので夜な夜な「ねずみ輸送」の如くコンビニに受け取りに行っています。そのため部屋がどんどん本で埋まって行きます。  6月2日にようやく連絡があって、8日までわからないとのことで、とにかく10日合流、11日開催まではわかりました。  この時点でやっとポスターが手に入りました。八幡浜の前日が休養日となっていますが、ものすごいハードスケジュールです。そして聴講費用は、なんとたったのワンコイン500円で資料付きです。
蓮池透氏リレー講演会ポスター

蓮池透氏リレー講演会ポスター

次のページ 
伊方発電所裏側で蓮池氏が驚愕したその光景とは?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right