北朝鮮・金日成総合大学に通う留学生を直撃。「研究テーマは北朝鮮の恋愛スタイル」

安宿緑

金日成総合大学博士課程留学中のオーストラリア人、アレック・シグリー氏。妻は日本人で、休暇の際は日豪に帰国する

「北朝鮮の東大」に豪人留学生が在籍

 北朝鮮の金日成総合大学は、同国のエリートが集う最高学府であり、政府の根幹となる人材を多数輩出するいわば“北朝鮮の東大”ともいえる。  その実態は明らかにされていないが、同大学の博士課程に、日本人の妻を持つオーストラリア人学生が留学している。アレック・シグリーさん(29歳)である。

金日成総合大学に通うアレック・シグリー氏の身分証

 欧米に時折存在する「朝鮮ファン」の一人に過ぎなかった彼が、金大への留学を夢見るようになったのは2011年。  そうして念願叶い、2018年4月に入学が許された。入試はなく、「自己紹介書」と、健康診断書の提出のみだったという。妻の森永友果さんとは中国の大学に留学していたときに出会い、現在は日本と北朝鮮の遠距離婚生活を送る。  最初のデートの誘いは、「僕の部屋で北朝鮮の切手を見ませんか」だった。友果さんは当初、北朝鮮についてまったく興味がなく「変わった人だな」という印象しかなかったというが、熱心なアプローチと誠実な人柄に陥落。約5年の交際を経て結ばれた。  友果さんも現在はすっかり「知朝家」となり、日朝関係や在日コリアンの問題にも関心を寄せるようになった。アレック氏が帰国した際は、朝鮮の学生用カバンを夫婦お揃いで持ち歩くほど。

金大の学費は年間3000~3500ドル

 ちなみにカバンは、男子用、女子用とあり、女子用はデザインに多少ひねりを加えていることが窺える。異性用のデザインが好きなので持っていたい、という人は今の所いないとか。

「平壌カバン工場」のロゴ入り

こちらは女子用

「女子大生用」と書かれた商品タグがついている

 金大の学費は3000ドル、博士課程の場合は年間3500ドルと格安。寮費(生活費)は1日11ドルだ。「寮で出る料理は美味しいし、生活にまったく問題はありません」という。  大学の寮では、朝鮮の学生とも交流があるが、部屋は別々となっており、外国人留学生の部屋はインターネットと、外国書物の持ち込みが可能。  オンラインゲームも可能で、以前部屋でゲームをして1位になった際、主に韓国のゲーマーの間で「この北朝鮮のアカウントは誰だ!」と騒動になったという。  このことを知った筆者の知人の韓国人は、「韓国人ゲーマーの間で話題持ちきりでした。彼だったんですね。ようやく謎が解けた」と語る。
次のページ 
研究テーマは「欧米とは異なる北朝鮮の恋愛スタイルについて」
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right