堀江貴文氏出資のロケット、ついに宇宙に到達! その背景と今後の可能性

世界的に活発化する打ち上げ専用超小型ロケット開発

 一方、こうした超小型衛星の打ち上げ専用の超小型ロケット(Micro Launcher)は、世界的に開発が活発になっており、すでに米国企業「ロケット・ラボ(Rocket Lab)」の「エレクトロン(Electron)」は運用中で、商業化も実現している。さらに、打ち上げ間近と目されている企業は他にもいくつかある。  ただ、すでに飛んでいるエレクトロンはともかくとして、他社はまだ技術的なハードルでつまづく可能性がある。今後の開発次第では、ZEROも十分に追いつき、そして追い越せる余地はある。ISTは今年3月、「みんなのロケットパートナーズ」を発足し、大手商社の丸紅や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携し、資金面、技術面でのサポートを受けられるようになったこともあり、その追い風になるかもしれない。  また、ZEROの特徴として、米国製部品を使っていないことも挙げられる。米国は「ITAR」と呼ばれる国際武器取引規制を設けており、米国製部品を使ったロケットや衛星の打ち上げが自由にできない。しかし、米国製部品を使わないZEROは「ITARフリー」なため、その規制を受けず、自由に活動できる。この点は、米国製のロケットにはない強みといえよう。  今回のMOMOロケットの成功で、ISTは宇宙に大きな一歩を刻んだ。今後、それを足がかりに、ZEROの開発と事業化の成功に向けて大きく飛躍できることを、そして今回の成功が、日本の宇宙ビジネス全体にとって追い風になることを期待したい。
超小型ロケット「ZERO」の想像図

ISTが開発中の、超小型衛星を打ち上げられる超小型ロケット「ZERO」の想像図。2023年の初打ち上げを予定している 提供: インターステラテクノロジズ

<文/鳥嶋真也> 宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュース記事や論考の執筆などを行っている。新聞やテレビ、ラジオでの解説も多数。著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)があるほか、月刊『軍事研究』誌などでも記事を執筆。 Webサイト: 「КОСМОГРАД」 Twitter: @Kosmograd_Info 【参考】 ・観測ロケット「宇宙品質にシフトMOMO3号機」打上げ実験の結果について観測ロケット「MOMO」2号機打上げ実験報告書(第2報)の公開 | インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc.MOMO | インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc.ZERO | インターステラテクノロジズ株式会社 – Interstellar Technologies Inc.宇宙輸送事業の実現を後押しする法人サポーターズクラブ「みんなのロケットパートナーズ」始動(PDFファイル)
宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュース記事や論考の執筆などを行っている。新聞やテレビ、ラジオでの解説も多数。 著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)があるほか、月刊『軍事研究』誌などでも記事を執筆。 Webサイト: КОСМОГРАД Twitter: @Kosmograd_Info
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right