弁護士団体の要請を無視、“反社会的”教団の式典に来賓出席する閣僚たち<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第11回>

山下貴司と加藤勝信

統一教会1万人集会に来賓出席した山下貴司・現法務大臣(上)と秘書を代理出席させ祝電を贈った加藤勝信厚労大臣(当時/下)

 2018年6月、統一教会(世界平和統一家庭連合)の問題に取り組む全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)が参議院議員会館で緊急院内集会を開き、同教団からの支援を受けないよう衆参両議院の全国会議員に要請する声明文を採択、各議員会館内の全議員事務所に配布した。  しかし、全国弁連の要請を無視するかのように、その後も教団が相次いで開催した大規模集会に来賓出席し祝電を贈る国会議員が続出。その中には秘書を代理出席させる閣僚や、現在、閣僚を務める議員もいた。

恥知らずな国会議員に注意を促す緊急院内集会

 6月1日、東京永田町の参議院議員会館会議室に集ったのは全国弁連所属の弁護士や支援者など約50人。複数のメディア関係者も取材に訪れた。  緊急院内集会の冒頭、全会一致で「政治家の皆さん、家庭連合(旧統一教会)からの支援を受けないで下さい」と題した声明文が採択された。 「政治家が同教団の式典へ来賓参加し祝電を贈る行為は教団側にお墨付きを与え反社会的な活動を容易にするものであり、その連携がどのような社会的弊害をもたらすか考えるべき」との意の内容が記載された声明文は、統一教会との関係について国会議員に注意と再考を促すものだ。  自民党を中心とする国会議員と同教団との緊密関係が顕著となる中で、全国弁連が直接行動に打って出たのだ。

「議員会館で日常的接触」

 院内集会に参加した有田芳生参議院議員(立憲民主党)はこう述べた。 「30年近く前に統一教会信者が国会議員の公設秘書・私設秘書として入り込んでいたことを週刊文春に書いた。統一教会や国際勝共連合の責任者などが議員会館の食堂に来ている。ある議員の事務所の本棚には文鮮明の本が置いてあった。今も日常的接触を行っていると思う。公設秘書・私設秘書の中にも(信者が)いるという可能性は極めて高い
有田芳生

有田芳生参議院議員

 声明文は裁判資料や注意喚起チラシとともに、参議院議員会館に隣接する衆議院第一及び第二議員会館内の各議員の事務所にも届けられた。教団との関係が発覚している数名の議員の事務所には、筆者も同行した。その際、幾人かの当該議員の秘書に議員と教団との関係を尋ねると、どの事務所も一様に教団との直接の関わりを否定、ある議員の秘書は地元選挙区の事務所での付き合い程度ではないかと答えた。  当日は国会(衆議院)の会期中だったため衆議院議員は全員不在、ほとんどの事務所では秘書が応対したが、弁連メンバーによると在室していた参議院議員のうち数人から事務所内に招かれ歓談したという。また、声明文を受け取ったある自民党議員は同教団からの接触について「よく知っている、距離を取るスタンスでやっている」と答え、別の議員は「自分のところにも統一教会の工作員がいたことがあった」と話すなど、同教団の政治家工作があらゆるところに張り巡らされていることをうかがわせた。  声明文配布後、全国弁連の山口広事務局長は、声明採択と全国会議員への配布の意義を強調した。 「30年の全国弁連の活動の中でこのような形でやるのは初めて。議員が統一教会の活動に参加し名前を出して『一緒にがんばりましょう』と言うこと自体が信者にとって自民党からあるいは政権側から認知されたと内部にも外向けにも宣伝する格好の口実になる。統一教会が組織活動をする時に自民党、あるいは政権に近しい方々から認知をされているということが、実際に浸透していく格好の口実になる。霊感商法、家庭崩壊、マインドコントロールの問題を起こしている宗教団体だと議員の方々に知っていただき、知っているにもかかわらず付き合っているとするならば、その議員の体質などの問題を正面から取り上げるためのきっかけとしても、今回の活動は重要と痛感した」
全国弁連事務局長

山口広・全国弁連事務局長

次のページ 
弁護士声明を無視して6人の国会議員が出席した教団イベント
1
2
3
4
5
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right