再犯を防ぐカギになる!? 日本初の「受刑者向けの求人誌」創刊

Chance!! 三宅晶子さん

三宅晶子さん

 日本では年間約2万4000人の受刑者が刑務所から出所している。しかしせっかく出所しても、その再犯率は約5割にも上る。  いろいろな要因はあるが、特に大きな原因として、出所したはいいが仕事がないということが挙げられる。求人に応募しても出所者であることで採用を断られ、頼るべき人がいなければアパートを借りることもできない。出所時の所持金である数万円を使い果たせば、途方に暮れて微罪(万引きや食い逃げなど)を犯して刑務所に戻る人が絶えないのだ。  この状況に対して「だったら受刑者向けの求人誌をつくればいい」と思い立ったのが、株式会社ヒューマン・コメディの三宅晶子代表取締役だ。  三宅さんは昨年3月に『Chance !!』という刑事施設に配布する求人情報誌を創刊した。出所者などを積極的に採用したい企業の求人誌は日本初となる。  創刊号の掲載企業は12社。最初の数ページを見ただけでも、市販の求人誌とは全く異なる内容だ。

募集する企業代表者からのメッセージが熱い

Chance!!002

Chance!の表紙

 市販の求人誌やハローワークでの求人票は、ほとんどが「募集職種」「応募資格」「勤務時間」「給与・待遇」などがデジタル的に羅列しているものだが、「Chance !!」は違う。熱いのだ。  全ページカラー刷り。インターネットが使えない受刑者に企業の雰囲気が伝わるよう、社長や社員や作業風景の写真を盛りこんでいる。そして、まともな教育を受けられなかった人もいるであろう受刑者のためにすべての漢字にルビを打っている。  何よりも、冒頭に書かれた企業代表者からのメッセージが熱い。たとえば――。 「自分は少年院送致をきっかけに親や友だちのことを考えるようになり、人様に迷惑をかけずに生きようと思いました。鳶の会社で6年間で1000万円貯めて、25歳で今の会社をつくりました。  ウチの番頭職も昔は悪かったやつばかりですが、『自分には夢も未来もない』と心を閉ざしている人の面倒を見る立場になっています。車を買う、彼女をつくる、結婚して誰かを守る。ゆくゆくは親方になることを目標に、ひとつひとつ夢を実現していく。  最初はみんな自分の人生を親や誰かのせいにしてるけど、いい大人との出逢いで人は変わる。死ぬこと以外はかすり傷。人生はリセットできる。その感謝を、今度は自分が伝えていきます」(土木業) 「自分も保護司です。非行歴や犯罪歴のある人は、お金を出してもできない修行をしてきたのだと思っています。普通の人より人生経験が多い。だから、逆にそれを生かしたほうがいい。過去はぬぐえないが、未来は自分で変えられる。私たちがそのお手伝いをします」(製造業) 「Chance!!」は季刊発行で現在までに5号が発行され、ざっと50社以上の企業情報を載せた。  日本には、出所者の雇用をためらわない企業がそこそこにある。だが問題は、刑務所は出たけれど、これからどう生きようかと考える出所者のすべてがそれら企業にたどり着けるわけではないことだ。三宅さんの功績は、出所前に受刑者とそれら企業とを直接つないだことに尽きる。
次のページ 
元不良少女だった三宅さん
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right