ファーウェイが独自OS開発。Android、iOSの寡占状態に挑む、「それ以外」のスマホ向けOS

Huawei Image

photo by tianya1223 via Pixabay

ファーウェイが独自OSのニュース

 先月、ファーウェイ(HUAWEI)がAndroidに代わるスマホOSを開発中という記事が話題になった。欧米諸国と中国の緊張の中、Androidに代わるモバイルOSを開発しているという内容だ。  ニュースでは、このタイミングで開発を始めた印象だが、OS開発自体は前から度々情報が出ている。1年前の2018年の春にも話題になった。独自OS自体は2012年に開発を着手しており、去年の時点で完成しているそうだ。  ファーウェイの独自OSの名前は「Kirin OS」と言う。その名前は時折ネットに出てきている。ファーウェイはKirin(麒麟)という名前が好きなのか、ファーウェイの独自プロセッサにもKirinの名前が付いている。

スマートフォン向けOS市場の12年史

 スマートフォン向けOSのシェアは、2019年3月の時点で、Androidが69.7%、iOSが28.4%になっている(3月モバイルOSシェア)。2つの数字を合計すると98.1%。スマートフォンの市場は、ほぼ2つのOSで占められている。  現在は寡占状態だが、初めからそうだったわけではない。スマートフォン向けOSは、iOSとAndroidだけが存在していたわけではない。スマートフォン元年を、約12年前のiPhone登場の年として、その歴史を振り返ろう。  スマートフォンの嚆矢となる初代iPhoneは、2007年1月に発表され、同年6月に販売された。Androidは、翌年の2008年の9月に商用端末を発表、同年10月に販売を開始した。  Androidが登場した次の年の2009年のOS別シェアは、Symbianが46.9%、BlackBerryが19.9%、iOSが14.4%、Androidが3.9%だった。1年後の2010年のOS別シェアは、Symbianが37.6%、Androidが22.7%、BlackBerryが16.0%、iOSが15.7%だった(2010年に世界で販売された携帯電話は16億台、スマートフォンは72%成長――Gartner調査)。  登場から数年、iOSは徐々にシェアを広げていき、Androidは市場を急速に占めていった。旧世代のOSになるSymbianやBlackBerryは、その後駆逐されていくことになる。  AndroidとiOSの2強体制が築かれる中、それら2つとは違う背景のOSも登場した。また、Androidから派生したOSもあった。そうしたOSのいくつかを本記事では振り返っていくことにする。
次のページ 
2強体制に挑むOSもあれど……
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right