家賃収入年1億6000万円超! 中卒サラリーマン大家の成り上がり物語

準備を徹底し融資を得る

「まずは決算書や入居率など、数字で示せる定量情報をきちんと示すことです。私の場合、求められる前にこうした資料は見せています。加えて、将来のロードマップを示し、そこに向けて現状、何をやっているのかも資料や動画などでお伝えし、銀行からの質問に答えるための準備も徹底しています」  現在も新たな物件取得に向けて動いている野中氏だが、その展望は従来の不動産投資の枠を大きく超えたものになっている。

野中氏が福津市で新たに仕掛ける予定の商業一体賃貸住宅「NEORA LOGIN PRODUCED BY K’S GALLERY」。電気自動車の充電スペースやスマートフォンで操作できる鍵の設置などユニークな仕様が標準装備されている

「新しい価値観で『街』を創っていきたいと考えています。情報に敏感で発信力のある人が集まる場所にするため、九州の大手不動産会社や著名なデザイナーさんとも連携し、最新の設備やデザインを導入した商業一体賃貸住宅の開発にも着手しました。こうした物件を通じて地域の価値そのものを高めていくというプランです」  異色の大家さんの挑戦は、すでに次のステージへと進んでいる。 【野中周二氏】 Perspective RE代表。’74年生まれ。過酷な幼少期を経たのち、営業マンとして活躍。’13年に初めての物件を購入。その後も規模を拡大し、現在の年間家賃収入は1億6000万円超 取材・文/小林義崇
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right