家賃収入年1億6000万円超! 中卒サラリーマン大家の成り上がり物語

たった6年で、年間1億6000万円超を稼ぐ男に!

 現在、188世帯から年間1億6000万円を超える賃料収入を得ているという野中周二氏。「福岡の中卒サラリーマン大家」として野中氏が不動産投資の世界に足を踏み入れたのは6年前のことだった。

野中周二氏

「私には両親がおらず、学校に通ったのも中学1年生まで。15歳からパソコンショップで仕事を始め、その後はフィリップモリスジャパンでタバコの営業をしていました。もともと投資の知識はゼロで、不動産投資を志した時期の貯金もわずか30万円程度。さらに住宅ローンやカーローンなどの返済が月20万円近くあったほどでした」

大家人生のスタートはスルガ銀行の“不正融資”

 まとまった額の元手すらないにもかかわらず、不動産投資を始めようとしたきっかけは、家族の介護問題だったと振り返る。 「義理の母の介護が必要となり、費用を用立てる必要に迫られました。そのときに初めて気づいたのが、自分があまりにお金に無頓着だったこと。現状を変えなければと考えていたときに、ふと15年ほど前にテレビで見た不動産投資家さんのことが頭に浮かびました。ほかにもタバコの営業でビルのオーナーさんとよくお会いする機会があって、『賃料だけで生活できていいな』と思っていたんですよね。そのときは自分とは違う世界の話と思っていましたが、『サラリーマン大家』という言葉を知って、一気に興味を持つようになりました」  一念発起した野中氏は約半年をかけて不動産について独学で必死に研究。しかし、最初の投資物件を手にするには乗り越えなければならないハードルがあった。 「自己資金がありませんから、融資を受けることは絶対条件でした。でも、いろいろな銀行で断られてしまって……。そこで頼ったのが、あのスルガ銀行でした。結果的にスルガ銀行からは1億円を超える融資がおり、熊本市内で最初の投資物件を買うことができました。あとから知ったのですが、私の融資の際にも不正な手続きは行われていたようです。当時の私の自己資金は30万円だったのに、行員が1030万円と書き換えたようで……。その後、ローンを別の銀行に借り換える際にはスルガの担当者に『こっちがどれだけ苦労してあんたに融資したと思っているんだ!』と恫喝されましたね。相当危ないことをやってくれたのでしょう。それでも、今、スルガ銀行が批判を受けていることは承知していますが、私個人としては感謝していることも事実です。あのときに貸してくれなかったら、今の私は絶対にないわけですから」  その後、さらなる融資を受け、投資物件を増やしていった野中氏だが、’16年に再び大家としての重大な転機が訪れる。
次のページ 
最初の投資物件も被害を受けた熊本地震
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right