2018年は1億稼いだ資産5億の投資家が「いま警戒していること」

響煇氏の注目銘柄

Kudan(東マ・4425)  昨年12月上場。AP(人工知覚)関連のソフトウェアを提供。PERは1000倍超だが社会変化による潜在成長性は大きそうだ ブロードバンドタワー(東証JQ・3776)  データセンター大手。米中を軸とする国際的な情報戦争の激化によるデータセンターの国内回帰が進めば有望となるポテンシャルがある UUUM(東マ・3990)  YouTuberのサポート事業。TV離れや格差拡大が会社員の副業を後押しするなど、社会の転換で高成長に期待できる

響煇嚆矢氏が考えたこと

世界的な金融緩和は継続 株高終焉の可能性高し 社会変化が行動を決める <響煇嚆矢の人生を変えた一冊>自己プロデユース力』(島田紳助) 同期には明石家さんまをはじめとする強力なライバルが多かった島田紳助がいかに努力を重ねスターダムを登ったか、を説く独白本
響煇嚆矢氏

響煇嚆矢氏

【響煇嚆矢氏】 専業投資家。短期も長期もマルチにこなす。才能を眠らせた人を勇気づけるためメディア露出を決意。ツイッターは@hibiki_koshi ― 金持ちが考えたこと一覧 ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right