セネガルの漁港から見えてくる日本の「SDGs(持続可能な開発目標)ブーム」への違和感

日本の「SDGsブーム」は「ありがた迷惑」!?

ピンクレイク

パリ・ダカラリーの終着点・ピンクレイクでは、今でも人力で湖底から塩を採る重労働が行なわれている

 そのためには、まず世界のありようを知ることが大事だ。私たちは、世界のありようについて、いったいどのくらい知っているだろうか。たとえば、セネガルの漁港を訪れたことがある読者はどれくらいいるだろうか。  筆者はたまたま行ったことがあるから、この記事を書いている。だが、ロシアのダム、ジャワ島の川、エクアドルの熱帯雨林はじかに見たことがない。普通はそうだろう。だからこそ「知る」という作業は大事なのだ。 「黄金の魚 アフリカの魚」では、漁港で働く人たちが、劣悪な労働環境に苦しみながらも外資による大規模開発に反対している様子が映し出される。なんの予備知識もなくその話だけを聞いても、なかなか理由を理解できない。  そのような状態では、知らず知らずのうちに世界のどこかの誰かを足で踏みつけた、ありがた迷惑な「開発」をしてしまう。日本の「SDGsブーム」を見ていると、そのような危険性を感じずにはいられない。  同映画祭の実行委員長は映画評論家の佐藤忠男氏。1974年には『戦争はなぜ起こるか』という本を上梓し、いまだに売れ続けている。  佐藤氏は、その本をこう締めくくっている。 「困った問題が起きたとき、その困ったことを弱いものに押し付けることはやめる、ということを世界じゅうの人が決心しなければならないのである。さあ、それはたいへんなことだ。しかし、われわれはもう、その方向に足を踏み出すよりほかに道がないのである」  この映画祭で上映される作品群は、知られざる世界の一端を垣間見るのにうってつけだ。それによって、私たちが今、無意識のうちに足の下に敷いてしまっている人を減らす第一歩になるだろう。 <文・写真/足立力也> コスタリカ研究者、平和学・紛争解決学研究者。著書に『丸腰国家~軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略~』(扶桑社新書)など。コスタリカツアー(年1~2回)では企画から通訳、ガイドも務める。
コスタリカ研究者、平和学・紛争解決学研究者。著書に『丸腰国家~軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略~』(扶桑社新書)など。コスタリカツアー(年1~2回)では企画から通訳、ガイドも務める。
1
2
3



※「グリーンイメージ環境映像祭」の上映スケジュール等については、映画祭公式サイト(https://green-image.jp/)を参照のこと。電気の通らないモザンビークの村に銀行を設立しようとしてる合田真氏をはじめとした、多彩なゲストが登場するトークイベントなども行われる。
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right