レーダー照射問題・国内向け嫌韓プロパガンダの結果「日本が失ったモノ」

牧田寛
防衛省発表動画

防衛省発表動画より

 第8回から引き続き、防衛省の最終報告に焦点を当てます。(参照:韓国海軍駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射に関する防衛省の最終見解について 防衛省 2019/01/21)  今回は、防衛省側の補足説明についての見解を述べます。(出典:防衛省) なお、記事中のレファレンスについては配信先によってはリンクされなくなる場合があるので、その場合はハーバービジネスオンライン本体サイトからご覧ください。

実務者協議で終わる話だった低空哨戒飛行

海自P-1 哨戒機の飛行について17)、18)、19)、21) 脅威飛行か否か  これは本質論ではありません。日韓両国の実務者協議で話し合うべき事です。  低空接触飛行を受けた側が脅威と考えればそれは脅威である可能性が生じます。これはよほど悪質な例を除き多分に主観的問題です。単なる意思疎通の問題であって、二国間でじっくり話し合って意思疎通を行い誤解を解くものです。  ICAOだNATOだというのも単なる釈明であって、協議の中での説明材料とはなっても根拠とはなり得ません。なおこの点においても防衛省の説明には当初に比して後退が見られます*。 *「軍用機の最低安全高度を直接定める国際法はありませんが」最終見解p5より)  これらは問題となるならば(問題として提起されたなら)二国間の実務者協議で解釈の齟齬をなくすものです。協議を拒否した一方的な主張は、全く無意味であるだけでなく百害あって一利なしです。  なお、500ft,500mというのは、「低高度」で「近い」のは事実でしょう。それが脅威であるか否かは、主観であって、誤解があるなら話し合うべき事です。  一方で、防衛省が主張する自衛隊が慣例として避けている飛行様態(参照:防衛省補足資料説明pp.7)*は妥当です。これらは、前述の「よほど悪質な例」に該当します。
防衛省資料より

防衛省補足資料説明より

20) 海自 P-1 哨戒機は、韓国側が救助作戦を行っていることを認知できなかったのか  これは海自が、無線傍受によってP-1を現場海域に飛ばしたのか、通常の哨戒飛行中に無線傍受により向かったのか、通常の哨戒飛行中に偶然発見したのかの三点に関わることで、前者二つは自衛隊のSIGINTとP-1の偵察能力に関わることですので開示不能でしょう。本来ならばこのような重要な防秘に関わることは表に出てはいけないことです。日韓軍事インシデントを映像公開によって外交問題化させた安倍晋三氏の失態です(参照:“渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開:時事通信 2018年12月28日18時38分”)  本件が解明されることはないでしょう。 22)および23) 今まで何度やっても文句を言われなかった。今回だけなぜだ。  海自の哨戒機が、米ソ冷戦時代から数十年にわたり高度500ft,距離500m,反時計回りでヴィジュアルコンタクトを行ってきたことは周知の事実です。これは徹底かつ執拗であって民間船舶、公船の別がないとされています。また、前掲のように艦尾(船尾)側からの接触を基本としていることも事実でしょう。  これらによってソ連邦極東艦隊の動静をはじめ莫大な情報を得てきたことは事実です。現在もロシア、北朝鮮、中国に加え友邦韓国などの艦船についての情報を膨大に収集しています。一方で合衆国艦船に対して同様にしているかは謎です。  それらの成果の一つとして北朝鮮に対する制裁逃れである密輸船の発見が挙げられます。 ▼北朝鮮船籍タンカー「Rye Song Gang 1 号」とドミニカ国船籍タンカー「Yuk Tung 号」による洋上での物資の積替えの疑い 外務省(平成30年1月20日)北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」と船籍不明の小型船舶による洋上での物資の積替えの疑い 防衛省 平成31年1月24日我が国における国連安保理決議の実効性の確保のための取組 防衛省  先日、韓国側より抗議のあった海自P-3Cによる韓国海軍駆逐艦大祚栄(KDX-2三番艦)に「威嚇飛行」をしたとされる海域は(参照:日本哨戒機また威嚇飛行…韓国合同参謀本部「再発時は軍規則遵守によって対応」中央日報日本語版 2019年01月24日 06時50分)、上海の北北東約120km中国のEEZ内です。(現場海域は、禁漁区だが荒天時の韓国漁船の待避は認められており、韓国海警が指導にあたっている。海軍艦艇は、2016年に海警船艇が中国漁船により撃沈された事件以降、海警を支援している。なお、現場海域は公海であり且つ、韓国海軍艦艇の作戦海域でもある)  ロシア、中国などからは不評であっても、日本独自と思われるP-3C/P-1による低空接触飛行が、日本の海を守ってきたことには異論はありません。数十年、戦火を交えずに海を守ってきたことは大いに誇り得ることです。しかし、安倍晋三氏がこの日韓軍事インシデントを外交問題化したことで日本名物の哨戒機による低空接触飛行が外交の場に出てしてしまったのです。繰り返し指摘しますが、外交問題化せず、実務者協議の場でなら、「海自さん相変わらずお見事ですね、手加減してくださいよ。」で済むことでした。  自ら外交の場に引き出して、「今までは何も言われなかった」「論点そらしだ」というのは見苦しい泣き言に過ぎません。
次のページ 
両国の教訓とすべきだったインシデント
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right