なぜ、スペインやEUによるベネズエラのグアイドー暫定大統領支持表明が遅れているのか?

サンチェス首相

林の中で一人、クアイドー・ベネズエラ暫定大統領と会談するスペインのサンチェス首相(「El Pais」のYouTubeチャンネルより)

 1月29日配信の記事で、トランプ大統領がベネズエラの暫定大統領フアン・グアイドーを承認し、南米諸国も続々とそれに同調し、マドゥロ政権が追い詰められていることを報じた。  現在、マドゥロへの支持を表明しているのはキューバ、ボリビア、ニカラグア、エル・サルバドル、ウルグアイ、そして中立を保っているのがメキシコである。  しかし、多くのラテンアメリカ諸国にとっても縁が深いスペイン政府が1週間経過してもグアイドーへの支持を表明しないことにスペイン野党そして多くのラテンアメリカ諸国から不満が生まれている。同様に、欧州連合(EU)もその支持表明を渋っている。  なぜそのような事態になっているのだろうか?

ポデーモスとの連携で支持を表明できないスペイン政府

 スペイン政府やEUの支持表明が遅れている背景には、実は複雑な理由がある。  スペインの場合はペドロ・サンチェス首相の社会労働党政権は350議席の下院で84議席しか持っていない。そのため、法案を議会で通すのに左派ポピュリズム政党のポデーモスと連携している。しかし、そのポデーモスが、グアイドーが暫定大統領として宣誓したことをクーデター行為だと見做して批判し、スペイン政府及ぶEUに対して平和的な対話を要求しているのだ。(参照:「rtve」)  ポデーモス党首のパブロ・イグレシアスがこのような意見を表明したのも理由がある。実は、ポデーモスはイグレシアスを始め大学の若い政治学科のプロフェッサーによって創設された政党で、彼らはベネズエラのチャベス政権の政治アドバイザーだったのである。チャベス政権からイグレシアスらに左派政権をスペインにつくるために協力資金が流れていた。現在、彼らはマドゥロ政権とは関係を絶っているが、マドゥロ政権を批判することは常に避けているのである。  このような背景があり、しかも遅れている今年の予算案を議会で承認させるのにサンチェス政権にはポデーモスの予算案への支持が必要なのだ。仮にポデーモスからの支持がなくなれば、今年の予算案の承認は完全に不可能となり、それは現政府が望まない総選挙をもたらす要因になりうるのである。だから、サンチェス首相はグアイドーの暫定大統領として承認することは容易ではない。  しかし、その一方で1月22-25日に開かれたダボス会議に出席したサンチェス首相に対し、同会議に出席していたコロンビアのイバン・ドゥケ、エクアドルのレニン・モレノ、コスタリカのカルロス・アルバラドの3人の大統領が、グアイドーを暫定大統領としてスペインが早急に承認する必要性を訴えたのであった。そして、スペインがそのリーダーシップとなってEUもその支持表明に至ることを切望したのであった。(参照:「El Pais」)
次のページ 
ひと目を忍んで電話会談したスペインのサンチェス首相
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right