狙うのは資源か? 軍事基地か? 中国による世界初の「月の裏側」探査の目的とは

鳥嶋真也
玉兎二号

月の裏側を走行する嫦娥四号の探査車「玉兎二号」。着陸機から撮影されたもの (C) CNSA

 中国は2019年1月3日(日本時間)、月の裏側に無人探査機「嫦娥四号」を着陸させることに成功した。月の裏側に探査機が着陸したのは史上初で、さらに同日夜には探査車「玉兎二号」が走行を開始した。  中国が月の裏側の探査に挑んだことについては、さまざまな憶測、懸念が表明されている。はたして中国の目的はどこにあるのだろうか。

中国の月探査機、「嫦娥四号」とは?

 嫦娥四号は、中国の宇宙機関である国家航天局(CNSA)が開発した探査機で、月に着陸する「着陸機」と、その着陸機から発進し、月を走り回って探査する探査車「玉兎二号」からなる。  嫦娥“四号”という数字からもわかるように、中国の月探査の歴史は長い。まず2007年に月を回りながら探査する「嫦娥一号」を打ち上げ、2010年にはその後継機の「嫦娥二号」を打ち上げ、ともに成果を残している。  そして2013年には、今回の嫦娥四号とほぼ同型の「嫦娥三号」を打ち上げ、月の表側への着陸に成功。探査機の月面着陸はソ連の探査機以来、37年ぶりのことだった。また探査車の「玉兎号」も月面を走行し、探査を行った。  さらに、2019年の打ち上げを目指し、月面に着陸してサンプルを採取し、地球に持ち帰ることを目的とした「嫦娥五号」、「嫦娥六号」の開発も進んでいる。  今回打ち上げられた嫦娥四号は、嫦娥三号をもとに改良を加えたもので、基本的には同型機である。いちばんの違いは、三号は月の表側に降りたのに対して、四号は月の裏側に降りるという点である。  月は自転(月自体の回転)と公転(月が地球のまわりを回ること)の周期がほぼ同じなので、つねにある面のみを地球に向け、その反対側の面は地球の側を向くことは決してない。このうち前者を「表」、後者を「裏」と呼ぶ。裏側が地球から見えないということは、直接通信ができないということでもあり、着陸や探査は難しく、手間もかかる。そのため、これまで月の裏側に人はもちろん、無人探査機が降りたこともなかった。  中国はまず、2018年5月に通信を中継する衛星を打ち上げるなど、用意周到に準備をした上で、2018年12月8日に嫦娥四号を打ち上げた。そして12日に月を回る軌道に投入し、観測機器の試験や軌道の調整などを実施。そして1月3日に着陸を果たした。  1月11日現在、すでに玉兎二号も月面に降りて走行を開始しており、これから観測機器の調整などを経たのち、本格的な探査活動が始まる。
次のページ 
狙いは資源か? 軍事基地建設か?
1
2
3
4
5
関連記事
6
7