タイ人の間で高まる「日本旅行」熱。所得向上で楽しみ方も変化

上野や秋葉原、御殿場も人気だが新潮流も

 秋葉原が近いことと、服飾店が多いことから上野のアメ横などはタイ人に人気がある。今や多くが免税対応も可能で外国人向きだ。また、御殿場などもタイ人に人気のある観光スポットになる。富士山見物の帰りにアウトレットに寄るなどのコースなのだろうが、このように日本人には「よく知っているな」という意外な場所が人気だったりする。
秋葉原

秋葉原もタイ人にとってはもう手垢のついたスポットになりつつある

 こういったスポットはタイの旅行会社の思惑やタイ人同士の口コミで、とりあえずそこに向かうという王道ルートが観光ブーム到来時に自然発生したと見られる。日本人のタイ旅行で水上マーケットに行き、アユタヤで古都の遺跡を見学し、バンコクで古式マッサージを受けるというようなものだ。  ところが、今やバンコク観光の王道はみんなに行き尽くされ、タイ人にとっても普通のスポットに行きたがるのが今の日本人観光客の傾向になる。それと同じことがタイ人の訪日観光客にも起こっている。むしろ日本人でもわからないようなことを求めているのが今のタイ人観光客、特にリピーターに見られる傾向である。  今はタイ人の所得も上がってきて日本旅行がブームになり始め、そこに目をつけた日本政府がビザ免除。こうして一気に行きたかった日本が近くなった。しかも、物価上昇が続くバンコクに比べて、日本の方がいまやショッピングが安いケースも多い。和食などは特に地元日本なので、バンコクよりもずっと安くおいしいものが食べられる。  うれしいことに、日本を訪れたタイ人の大半は日本がさらに好きになる。そうなると、また行こうと思うわけだ。数年前からはエアアジアなどの格安航空会社もバンコクと日本の各都市を直行便で結ぶようになり、早めの予約では3万円を切る値段で航空券が手に入る。より日本が近くなったのだ。  こうして何度も日本に通うことで、最初こそ団体旅行に入って来てた人たちも、今や個人旅行で日本を訪れる。上野で出会ったタイ人カップルは「彼女が初めての日本なので、まずは勝手知ったる上野を案内しています」と男性が自信ありげに答えてくれたほどである。
次のページ 
よりマニアックに楽しむタイ人観光客
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right