ボクシング人気復活の兆し。高額ファイトマネー選手も増加するか?

日本人ボクサーが稼ぎまくる時代

日本人ボクサーが稼ぎまくる時代が再び到来する…ロンドン五輪金メダリストでもある村田諒太の登場は、低迷するボクシング界に新たな風を吹き込んだといえる 写真:時事通信社

ファイトマネー高騰! 息を吹き返すボクシング界

「村田選手の登場以降、ボクシングを含めた格闘技ビジネスが転換期を迎えている。私達の時代に近い水準か、もしくはそれ以上の市場に変わりつつあるんです」  こう話すのは、元WBA世界スーパーフライ級王者の飯田覚士氏だ。飯田氏の現役時代は1試合のファイトマネーが数千万円。防衛を重ねると、億を稼ぐことも可能なスポーツでもあった。「試合後にはベンツをプレゼントされた、というような人も少なくなかった」と、飯田氏は冗談交じりに話す。  ところが、K-1やPRIDEといった格闘技が全盛期を迎え、ボクシング人気は低迷。世界チャンピオンでさえ、ファイトマネーが数十万円という冬の時代が訪れた。だが、近年再び環境は変わりつつある。きっかけを作ったのは、前WBA世界ミドル級王者である村田諒太の存在だ。 「これまでのボクシングは、どちらかというと血生臭く、泥臭いというイメージがあったため、スポンサーがついたり、表舞台に登場することはあまりなかった。そこに五輪金メダリストで容姿端麗な村田君が出てきたことで、スポーツとしての認知が一般にも広がった。本場のラスベガスで、億単位の規模のお金が動く日本人ボクサーはこれまでいませんでしたから」  村田のほか、高額なファイトマネーを稼ぐ日本人ボクサーは多い。現世界3階級制覇王者の井上尚弥を筆頭に、復帰後4階級制覇に挑む井岡一翔、世界最速タイで3階級制覇を達成した田中恒成、37年ぶりに米国で世界王者を奪取した、伊藤雅雪ら粒ぞろいだ。
次のページ 
SNSを使い自身をブランディングする選手も増えてきた
1
2
関連記事