中国で拘束されたカナダ人の一人は、金正恩ともパイプを持つ人物だった

中野鷹
マイケル・スパバ氏

.2017年4月都内で話すマイケル・スパバ氏

 中国で拘束されたカナダ外務省を休職中のマイケル・コブリグ氏と同時に拘束された2人目のカナダ人が、北朝鮮との交流事業に関わるマイケル・スパバ氏であることが13日に明らかになった。その後も、19日に3人目のカナダ人の拘束をカナダ政府が発表するなどカナダ人の拘束が続いている。 「金正恩の友人マイケル・スパバ氏がスパイ容疑で拘束」との一報は、滞在していたタイの英語ニュースで知り耳を疑った。  拘束されたのは中朝国境の丹東でスパイ容疑とはっきりと伝えていた。  記者は、スパバ氏と2度会ったことがある。1度目は、2016年北朝鮮。2度目は、本サイトでもお伝えした2017年4月、都内で開催されたセミナーでだ(参照:朝鮮半島情勢が緊迫を増す中「金正恩党委員長と直接会えるカナダ人」が都内で講演会)。このときにはセミナー後に懇親会があり話も聞かせてもらっている。面識ある人間がスパイ容疑で拘束されるのはショックである。しかも中国だからなおさらだ。
スパパ氏

北朝鮮・板門店で遭遇したスパパ氏

拘束されたカナダ人、マイケル・スパバ氏とは?

 マイケル・スパバ(Michael P. Spavor)氏は、中国吉林省の延吉を拠点に「白頭文化交流社」という北朝鮮との交流事業を行っている。彼を有名にしたのは、元NBAのデニス・ロッドマンを金正恩党委員長へアテンドしたためだ。その際に3日間を金正恩氏の招待所で一緒に過ごした経験から金正恩氏の友人と言われる人物だ。  北朝鮮の観光名所である妙香山のふもとにある国際親善展覧館。ここには北朝鮮の指導者へ世界中から贈られたとされる贈り物が展示されているのだが、ここの金正恩氏関連の写真パネルに一緒にスパバ氏も写り飾られていた。2017年1月当時、正恩氏と外国人が一緒に映る写真はこの1枚しなかいと現地ガイドは説明していた。  北朝鮮の書籍などを販売する「レインボー通商」の宮川代表は2年前に延吉でスパバ氏と会っている。 「マイケル・スパバさんと延吉市内のレストランで会食して意気投合して彼の自宅兼事務所へも招待されてそのままお邪魔しています。市内中心部からタクシーで10分くらいの場所で、ロフト付きの2、3部屋ある高い天井が印象的なおしゃれなマンションでした。こんなおしゃれな部屋が延吉にあることに驚きましたが、独身の彼の部屋はきれいに整理整頓されており、暮らし向きはいいように感じました。 スパバさんは金正恩氏のことを『崇高な人物』と言っていました。結局、スパバさんとは6時間ほどビジネスについての意見交換したのですが、スパバさんはオープンで気さく人だなと印象を受けました」(レインボー通商宮川淳代表)  スパバ氏は、セミナーで自身の白頭文化交流社はNGO団体だと説明していたが、中国での組織実態はなかったようだ。 「スパバ氏の組織は中国で登記されたものではなく、屋号のようなもので、中国の国内的にはフリーランス的な活動だったと思います」(瀋陽の朝鮮族経営者)  北朝鮮との交流事業の一環で、中国人や欧州人など向けの北朝鮮ツアーを企画し、スパバ氏もしばしばガイドとして同行していた。今年2月8日の北朝鮮の「朝鮮人民軍創建日」には平壌から軍事パレードを「ツイッター」中継をして平昌五輪をきっかけに関係改善を模索していた韓国関係者を驚かせていた。
次のページ 
スパバ氏の誤算
1
2
関連記事