日本発仮想通貨「Z502」を開発した億り人の「月1000万円超稼ぐトレード」

高城泰
 システム障害の際に表示される「502 Bad Gateway」。これを揶揄するトークン「Z502」の生みの親として知られる502おじさんは億を稼ぎ出す凄腕トレーダーだった! そのトレード法を初公開!!

502

日本発のトークン「Z502」の生みの親にして億り人[502おじさん]月1000万円超稼ぐ仮想通貨トレード術!

「ついにコインエクスチェンジという海外の取引所に上場を果たしました。時価総額はまだ3000万円足らずですが、次のステップとして『Z502腕時計』の開発を進めています。時は金なり、ですから。投資家向けの時計を作るプロジェクトなんて、仮想通貨界では初めての試みでしょう?」

 こう話すのは今年4月1日に誕生した仮想通貨「502 Bad Gateway Token」(Z502)の開発者である502おじさんだ。Z502とは、取引所のサーバダウンやハッキング事件の際に限り、エアドロップ(無償配布)が実施される“冗談のような”トークン。「システム障害を起こしたらZ502をバラ撒くぞ!」と取引所にプレッシャーをかけると同時に、投資家が被った損失の一部を補填する目的で開発された。

 そんなユニークなコインの生みの親である502おじさんは、実は凄腕のトレーダーでもある。本格的にトレードを始めて1年弱で資産1億円超えを達成したのだ。

「ビットコイン(BTC)を600万円分買ったのが昨年7月。年末にかけてのバブル相場で資産は放っておいても10倍以上になったのですが、今年1月にコインチェック事件が起きてからガチホはやめて、頻繁に売り買いするようになりました。トレード法を確立できた直近4か月でいうと毎月平均25BTC(約1700万円)の利益をあげています」

 そのトレードの原点にあったのは、マーケットに対する疑問。「なぜ、ビットコインだけでなく、すべてのコインが暴騰したのか?」と考え始めたのだ。

「さまざまな仮説を検証すると、大口投資家が相場を操っていたとしか考えられませんでした。ビットコイン相場に乗り遅れた個人は、第二のビットコインを探しますよね。だから、イーサリアムやリップルが急騰するのはわかる。でも、名も知られていないコインまでも急騰したのが昨年後半の仮想通貨市場。これは大口が、個人のお金を吸い上げる下地をつくっていたからにほかならない。先に仕込んで値を釣り上げて人気銘柄を装い、大衆の買いが集まって爆騰したら大口は利確。素人がいくらでも集まってくるから、大きな枚数であっても売りさばける。こうやって個人を“養分”にしていたんです」

次のページ 
ビットコインはわずかな富者が62%を握る超格差社会

1
2
3
4
5
関連記事
6
7