立憲民主党から立候補で大論争。「おしどりマコ」は天使か悪魔か?

井田 真人

EM菌イベントへの参加 ~ マコ氏は嘘で陥れられた?

 今から3年以上前の2015年5月19日、おしどりマコ 氏はドキュメンタリー映画『蘇生』のトークイベントに参加している。『蘇生』というのは、何かと論争になる“EM菌”と呼ばれる菌を扱った映画である。EM菌とは、いわゆる「ニセ科学批判」の俎上にも繰り返し載せられる“いわく付き”の菌であり、「放射性物質を除去できる」あるいは「放射能を除去できる」という噂までが付きまとっている程である。もしも、これらの噂が「EM菌により、放射性セシウム等からその放射能を取り去ることができる」という意味で言われているのなら、私自身も「それは有り得ない」と言うだろう。  おしどりマコ氏はこのイベントに参加したのち、2015年9月14日に次のような証言をしている。ここは非常に重要なポイントである: [2015年9月14日] おしどりマコ @makomelo “左巻さんという方が私がEMイベントに参加したことを何か想像で発言されてるそうですね。私は土壌や腸内環境に有用微生物が有効ということは納得するが放射性物質を除去できるとは思わない、と会で発言したのですが?” (参照:当該ツイートは巻き込みリプの人からの依頼により削除済みのため、おしどりマコ氏のツイートのwebpage archiveから)  ここでマコ氏は、「放射性物質を除去できるとは思わない、と会で発言した」と明言している。  ところで、このツイートに登場する「左巻さん」とは、ニセ科学批判などの活動で知る人ぞ知る、左巻健男氏である。上記のツイートは、左巻氏を含む複数の人宛ての返信のかたちで書かれている。このツイートで触れられている「何か想像で発言」された件については、以下に示すように、証拠が残されている: [2015年6月12日] 左巻健男 @samakitakeo “生活のためなのか、もともとそういう系だったんだろうけど…、浅はかであわれでは? (EM菌推進映画「蘇生」) > 映画「蘇生」…】【上映後トークショーあり】ゲスト:おしどりマコ、白鳥哲監督。→ありゃあ!おしどりマコって!ニセ科学・オカルトに強く荷担する芸人なのか。” [2015年9月6日] 左巻健男 @samakitakeo “【誰か教えて】おしどりマコとかいう芸人、EM礼賛映画の宣伝イベントに出演。結果的にEM菌商品で結界にすれば地震や津波などにやられないという主張を普及だよね。なら原発はOK、放射線はEMの生体内元素転換で減らせるというのに、EMを宣伝してなぜ反原発なのか疑問。” (参照:当該ツイートは削除済みのため、左巻健男氏のツイートのwebpage archiveより)  ここでの左巻健男氏は、かなりの言いたい放題をしており、この中で「放射線はEMの生体内元素転換で減らせるというのに」と、あたかもマコ氏がEM支持者側の主張を信じ、広めているかのような発言までしている。上述のマコ氏の発言、すなわち「放射性物質を除去できるとは思わない、と会で発言した」は、この左巻氏が流した噂話を否定する目的でなされたものである。  2015年9月14日から15日の話し合いの後、左巻氏はマコ氏に理解を示し、次のように発言している: [2015年9月15日] 左巻健男 @samakikaku ”ぼくはある程度理解しましたが、おしどりマコ氏が主体的に事実を出してEMの宣伝者信奉者としてEM宣伝映画の宣伝イベントに出たのではないことを示した方がいいと思いました。崎野さん、コロラドさん、お付き合いお礼。”  これで一応の一件落着を見たように思える本件であるが、残念なことに、複数の後日談がある。先ず、ごく最近になり、左巻健男 氏自身が以下のようなブログ記事を公開し、この件を蒸し返しているのだ。 [2018年9月30日] 「おしどりマコ氏がEM菌イベントに呼ばれてEM菌は土壌や腸内環境に有効と…」(参照:念のため同ブログ記事のwebpage archiveも)  この記事が公開された「9月30日」は、おしどりマコ氏が立候補を表明した次の日である。左巻氏は2015年の段階で「ある程度理解しましたが」とツイートし、自身の誤解を理解したにも関わらず、「EM菌で放射性物質を除去」の件こそ引っ込めたものの、マコ氏がEM菌を積極的に支持しているかのような誤解を誘う見出しで蒸し返したのである。本ブログの内容についてはもう、くどくどとは書かないが、興味のある読者は自身の目で確かめてみるとよいだろう。
次のページ 
批判というより扇動も
1
2
3
4
関連記事