立憲民主党から立候補で大論争。「おしどりマコ」は天使か悪魔か?

立憲民主党サイトより

立憲民主党サイトより

 9月29日、お笑い芸人のおしどりマコ氏が、立憲民主党の公認候補者として次期の参議院選挙に立候補することを表明した。おしどりマコ氏とは、東京電力の記者会見に連日のように出席・質問し、また、各地で行われる原発事故裁判や福島県の「県民健康調査」検討委員会とその関連会議、原子力規制委員会、放射線審議会、その他各種のシンポジウム等に足しげく通うフリージャーナリストの顔も持つ、おしどりマコ氏のことである。  このような有名人が選挙に立候補したときの常ではあるが、おしどりマコ氏の場合もインターネット上では大きな賛否両論の声が沸き起こり、彼女を支持する人と支持しない人の間では10月も半ばを過ぎた今もなお激しい論争が繰り広げられている。マコ氏を批判する側の中には、原発事故直後のマコ氏の非常に古いツイート(Twitter上での書き込み)までを取りあげて批判する者がいたり、すでに解決済みとなっている事例を蒸し返してくる者もいたりで、なんとも混沌とした状況になっている。

論争のネタに見られる3つのパターン

 ところで、それらの論争で取り上げられる“事例”をよくよく吟味してみると、幾つかのパターンを見出すことができる。具体的には、 ・明らかにマコ氏自身の迂闊さや無神経さが原因で問題となった事例 ・マコ氏には特に問題はないが、他人の罪を着せられるような恰好で問題にされた事例 ・他人の嘘によってマコ氏が陥れられた事例 などである。本稿ではおしどりマコ氏とその周辺が引き起こした幾つかの騒動を取りあげるが、これらも上に列挙した事例のいずれかに当てはまっているように思う。  以下では、おしどりマコ氏が関わった2つの特徴的な事例をピックアップし、解説を試みた。2件とも私自身が事態を(それなりに)よく把握できているものであり、(それなりに)しっかりとした証拠をあげることのできる事例である。“(それなりに)”と繰り返し挿入しているのは、私自身がマコ氏本人ではなく、本人にしか知りようのない点についてはどうしても分からない、という自信のなさの表れである。
次のページ 
マコ氏の迂闊な情報発信の事例
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right