人は一生で52日間もの時間を捜し物に費やしている。ガジェット活用で無駄な時間を短縮せよ

PONCHO
 「あれ? スマホどこに置いたっけ……」と家のなかを探した経験、誰しも一度はあるだろう。Bluetoothを利用して落し物を追跡できるIoT製品を展開するTrackR(トラッカール)が行なった、「探し物に関する調査」によると、家のなかでよく見つからなくなる物は、1位が「ペン」(32.2%)。そして2位が「携帯電話」(16.1%)、3位が「鍵」(13.7%)だという。

失くし物を探す時間は一生で52日間!

自宅やオフィスでさっきまで手に持っていたスマホが見当たらない……。なんて経験をしたビジネスマンは多いはず photo via Ashinari

 同調査によると、1年間でもっとも探す頻度が高く、週1~2回探している物も、やはり「携帯電話」なんだとか。実際に普段の自分の生活を振り返ってみても、たしかに「そのとおりだよな」とつい納得してしまう。

 ちなみに最近は喫煙者が減っているが、一時期は男性への贈り物の定番であり、同時に紛失物の定番でもあったオイルライターのジッポー社も、‘14年に失くし物の調査を実施している。その結果によれば、日本人が失くした物を探すのに費やす1か月あたりの時間は、なんと平均で76分! 一生に換算すると52日間にもなるという。

「えっ、探すのにそんなに時間をかけているの!?」と思わざるをえないが、1日3分探しているだけで1か月で90分。人によってはもっと探すのに時間をかけている人もいそうだ……。こうして数字で時間を示されると、我々はなんて無駄で、イライラする時間を生んでしまっているのだろうかと、こうべを垂れてしまう。そんな時間を減らすべく、解決策を探してみた。

 まずはスマホを外出先で失くしてしまった場合。交番や駅に問い合わせると同時に、iOS(iPhone)ならばアプリ「iPhoneを探す(Find iPhone)」を設定しておけば、MacなどからiPhoneと同じAppleIDでログインすればiPhoneを落とした場所の位置情報がわかる。Android端末なら、Google検索で「Find my phone」と入力すると、Googleマップで表示してくれる。

 筆者はAndroidユーザーなので、さっそく自宅で試してみるとGoogleマップに自宅の場所が表示された。外出先でもノートPCやタブレットを使って、探しているAndroid端末と同じアカウントでGoogleにログインして検索すれば、効率よく探すことができる。もしものときには必ず実行したいサービスだ。

次のページ 
ガジェットで失くし物探しの時間を減らす

1
2
4
5
関連記事
6
7