翁長前沖縄県知事の県民葬で玉城知事が求めた、安倍首相との面談が実現。しかし「新基地建設の方針に変わりはない」との反応

横田一

管官房長官による安倍首相のメッセージ代読で飛び出した「ウソつき!」との怒号

県民葬

10月9日、沖縄県那覇市で故・翁長雄志前知事の県民葬

 10月9日、沖縄県那覇市で故・翁長雄志前知事の県民葬が行われ、約3000人が参加。安倍首相は現地には現れず、菅義偉官房長官が首相の追悼メッセージを代読した。

 追悼文を菅氏が代読し終えた途端、参加者から「ウソつき!」「帰れ!」「沖縄をなめるな!」「いつまで沖縄に基地負担を押しつけるんだ!」「私たちの願いを聞いてください!」といった声が次々と飛び出し、それまで厳粛な雰囲気に包まれていた会場は怒号で溢れ返った。

 県民葬の参加者が激怒した安倍首相の追悼の辞は、次の通りである。

「政府としても、翁長前知事の沖縄にかける思いをしっかりと受け止め、沖縄振興をさらに前に進めていくことをお誓い申し上げます。翁長前知事は『沖縄に基地が集中する状況を打開しなければならない』という強い思いをお持ちでした。

 沖縄県に大きな負担を担っていただいている。この結果はとうてい是認できるものではありません。『何としても変えていく。政府としてもできることは全て行う。目に見える形で実現する』という方針のもと、基地負担の軽減に向けて一つ一つ確実に結果を出していく決意であります(「ウソつけ」「ウソつき」の声)。

 そして、これからも沖縄県民の皆様の気持ちに寄り添いながら、沖縄の振興、発展のために全力を尽くしてまいります。沖縄の発展に尽力された翁長前知事を偲び、追悼の辞といたします。平成30年10月2日、内閣総理大臣・安倍晋三。代読、内閣官房長官・菅義偉」

次のページ 
「基地負担の軽減」と言葉だけで真逆の政策

1
2
3
4
5
関連記事
6
7