若獅子寮新設は埼玉西武ライオンズに何をもたらす? 潮崎哲也二軍監督を直撃

内部の人間が観ても面白い2018年のライオンズ

メットライフドーム周辺の改修はまだまだ続く。チームも完成まで勢いを保ちたいところ

――理想のチームを考えるとしたら、重要なのは結果ですか? チームの雰囲気ですか? 潮崎:プロである以上、数字を出すチームが理想だとは思いますけどね。私が入団した当初の西武ライオンズは、「プロ野球だからスゴいのかな?」と思っていたんです。でも、今になって思うと「あのチームだからスゴかったんだな」と考え方が変わってきましたね。僕が入ったときは石毛(宏典)さん、辻(発彦)さんというのが両頭、キャプテン・副キャプテンみたいな感じで、あの2人がチームを引っ張っていた。決して馴れ合いのチームじゃないんですよ。でも、練習でビシッといくところはビシッといくし、みんなで笑うところでは笑うし……。本当、ピンチに強いチームでしたね。非常に強いというか、大人なチームだったなと思います。

現役時代はこの右手から繰り出されるシンカーで、数々の打者を沈めてきた

――今年は見事パ・リーグ優勝を果たしましたが、当時と似ている雰囲気はありますか? 潮崎:あの当時は走攻守において隙のないチームでしたけど、今も魅力のあるチームですよね。「もう無理だろう」と思っていたら、「逆転してるのかよ……」という。そういう状況が起こりうるチームなので、観ていて楽しいですよね。 ――調子のよさにはどのような背景があるのでしょうか? 潮崎:若い選手の勢いってスゴいなと感じた1年でしたね。例えば8-0で負けている試合でも、優勝を経験したベテランばかりでは絶対逆転できないと思うんです。でも、若い選手の「俺はレギュラーを取ったばっかりで、ここでアウトになったら外される」という思いがあるから、逆転してしまう。 ――ハングリー精神があるから、勢いが出てくるんですね。 潮崎:「自分はレギュラーじゃない」と、みんなが切磋琢磨して競争意識があるなかで、力が爆発したんだと思います。来年以降も勢いを保つためには、やはりファームからの押し上げ、「取って代わる選手がすぐそこにいるんだぞ」という意識を植えつけないといけない。競争意識があるから、一生懸命すべてのプレーで全力を出す。内部の人間でも、最近のライオンズの野球は観ていて面白いですよ。 【潮崎哲也】 ’68年、徳島県生まれ。徳島県立鳴門高校卒業後、松下電器に入社。’88年、最年少の19歳でソウルオリンピック日本代表に選出。’90年、西武ライオンズのドラフト1位投手として開幕一軍入りを果たす。引退後は’07年より同球団二軍投手コーチ、‘08年より一軍投手コーチ、’11年より編成部プロ担当を歴任。’13年より二軍監督に。その後、一軍ヘッド兼投手コーチを経て、’17年より再び二軍監督を務める <取材・文/林泰人 撮影/渡辺秀之>
ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right