元日経記者がグランドキャニオンで味わった信用取引の恐怖から得た教訓とは?

三橋規宏

米・グランドキャニオンで味わった恐怖

低迷する日経平均

日経平均株価の推移。2007年7月をピークに株価は暴落した

 新聞社を退社し、大学で教えるようになった後のことです。2007年の夏、2週間ほどアメリカ西海岸を旅行したことがあります。信用取引を始めたばかりで、保証金の3倍近い取引をしていました。旅行中、リーマン・ショックの前触れで株価が暴落し、信用維持率が30%を割り込みそうな状態になりました。

 2007年当時の日経平均の動きを今振り返ると、7月に約1万8000円前後でピークをつけた後、一転下落に転じ、11月には1万5000円前後と3000円近く暴落しています。この暴落が、翌年のリーマン・ショックの引き金になったことが分かります。

第15回石橋攻略資料

グランドキャニオン旅行当時の、2007年の日経平均株価(写りがあまりよくありませんが)

 日経平均が大幅下落を始めた頃は、ちょうどグランドキャニオンを旅行中でした。まだスマホはない時代で、持参したパソコンで株価を確認したら、たいへんな状況になっています。

 眼下にコロラド川を見下ろしながら「追証を求められたらどうしようか」と胸がドキドキ、ハラハラ、心配でとても景観を楽しむ余裕がありませんでした。何とか追証は免れましたが、いまでもあの時の恐怖を悪夢のように思い出すことがあります。

初心者は1年間、信用取引を手控える

石橋15回その2 元本割れすることなく、ローリスク・ミディアムリターンを狙って着実に利益を出していく“石橋を叩いて渡るネット株投資術”(石橋攻略)。この「石橋攻略」では、信用取引に伴うリスクを回避するため、さまざまな歯止め、対策を工夫しています。

 信用取引からリスクを軽減させれば、「ハイリスク、ハイリターン」のうま味がなくなり、面白みがなくなってしまうとの批判が出てくるでしょう。その通りです。「ハイリスク、ハイリターン」を覚悟で信用取引をしたい人は、「石橋攻略」からは何も得られません。

「石橋攻略」は、元本を減らさずに、投入資金の1割程度の利益を目指すためのもの。あくまで「石橋を叩いて渡る」ことにこだわり続けます。現物取引と違って、信用取引はリスクが大きいので、初心者はネット取引開始から1年間は信用取引を手控え、現物取引を通して取引対象銘柄の業績・値動き・季節変動などをじっくり観察し、相場観を身に着けてください。

次のページ 
維持率は100%を死守せよ!

1
2
3
4
5
関連記事
6
7